人気ブログランキング |

森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒と女と修験道 ...
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ミキティママのI-eごはん。
Unsettled so...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

終わり無き欲望in半島

(ノ゜o゜)ノ
目まぐるしい、政権交代の中で、
忘れ去られたように、成りつつある、
拉致問題、
解決すれば、北キムチ国との国交樹立、
交友関係の改善など、さまざまな利点もあるのだが。。。
一向に、解決しそうにない。。。




と言う事で、別の視点でとらえてみよう。。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
話の始まりは、
北キムチ国のNo.2が、家族連れで、
デズネランドに遊びに来た所から始まる。。。
税関で、偽のパスポートを持ち、
入国しようとして、発見され、
拘束の上、
強制退去処分で中国に送られたのであるが。。。
そもそも、拉致問題は、これ以前に発生しており、
本来なら、拉致された人たちと交換ぐらい、当然ではないか。。。
偽札や、偽装旅券だけでも、
充分拘束し取り調べの理由になるのだが、
(当人が北キムチ国の情報関係の近代化を担当していたのも有名、有り体に言えば、海外でのイリーガルの資金調達は彼の担当。。。)
結局あっさりと返してしまった。。。
このあたり、
捜査当局は、何をしていたんだという事になるのだが。。。
実際は、捜査当局が判断する事ではなく、
政治的な超法規処置というものになったようだ、
だが間違った、判断基準で処理された事実には、
違いがない。
問題は、かって拉致事件が発生した時に、
捜査当局は、拉致事件を公安の要請により、
うやむやにされていたという所だろう。。。。
ヽ(`д´)ノ
なぜうやむやに、する必要があったのか?
その辺りが、実は、
日本の日中戦争と、そして、
A級戦犯の合祀問題、
麻薬と密接に関係しているのだ。。。
(´・ω・`)
もともと、中国進駐の日本軍の一司令官に過ぎなかった、
東条英機(いわゆる火の玉おやじ)が、
なぜ、日本の首相まで登り詰めたかというと、
戦費調達の為に、ソ連国境近くで、
ケシの大量栽培を始めたことから、始まるのです
アヘン戦争でイギリスに破れ、
国内で、アヘンの流通が、大々的に行われていた中国では
紙切れのお札より、アヘンの方が貨幣価値があるという、
悲しい現実を悪用したわけで、
大量にアヘンが取れるように、品種改良さえ、
行われたのです。。
ここに、農業大国の日本の底力をつぎ込んだのでしょうが。
実際は稼いだ金が、兵器調達に使われる事は、
ほとんど無く、(と言うか中国でしかアヘンで買い付けでき無いのだから、意味がなかった)
結局、諜報活動や、私腹を肥やす為にしか使えなかった。。。
事実、その財力を元に、首相に登り詰めたのが、
東条英機だったわけであり、
実は、連合軍が、日本を目の敵にしたのも、
この、麻薬の(他にも大麻や、覚せい剤等合成麻薬も大量に捌いていた)栽培と利権を日本が軍隊絡みで、
組織的に行ったと言う事実が有り、
事実、東条英機の戦犯裁判においても、
戦争責任より、こちらの方が、重要視されていた、
と言う事実もあるのです。。
戦争犯罪人ではなく、麻薬により、大量のの人を苦しめ、
死に至らせた国際犯罪人と言うわけです。。。
問題は、結局武器に替らず、金や、宝石等の、
資産に変換された、麻薬資金が、
戦後も、隠匿され利用されてきたと言う事です。。。
一般にM資金とかいわれ、たびたび噂になり、
(ほとんどガセだったが。。。w)
結局その運営を誰がやっているか未だに明らかになっていない。。。
実際は、莫大なな金額で、国内に持ち込まれたという、
証拠さえない。。。
ところが、国内に持ち込まれず、
北キムチの国に隠匿された物については、
なぜか、戦後の日本のイリーガル活動に使われてきた
痕跡があり、
公安と特定の役人との、密着な、関係も露呈しているのです
具体的には厚生省の旧陸軍グループ。。。
彼らが、A級戦犯のひそやかな合祀を画策し、
実行したのは有名な話で、
天皇陛下、御自らが、その行為に不満を述べているにも、
かかわらず、のうのうと厚生省内にとどまり、
その後の、麻薬や、数々の薬害、組織的な年金の略奪
失業保険の詐欺的な取り込み(いちゃもんをつけて払わないのは有名、その為に、数々の憲法違反の通達が出ています。)
もちろん、麻薬を、北キムチの国から仕入れていたのも、
彼らの息が掛かった連中。。。
ここまで来ると、なぜ、
拉致問題に、目をつむらざるをえなかったか。。。
良く解ろうというものです。。
というか、一部拉致事件は、彼らが主導してやってきた疑いさえあります。。。
だから、北キムチの国に面と向かって、
現実に起こった、拉致事件さえ問題にする事はできないのです。。。
北キムチの国にしたら、解決済みで、
逆に日本側の要望により、
一部の人間を帰す事ができない。。。
もし返すなら、遺体で返して欲しいと要望があった場合、
そういう非人道的な行為を、北キムチ側が、
わざわざ生かしておいた人に対して、するとも思えません。
だから、この間の、
人骨騒ぎの茶番が起きたわけで、
理屈が解ると、決して北キムチの国が訳の解らないことを、やっているわけでは、ないことが、良く解ります。。。
散々北キムチ国を敵視しながら、
日本人が大手を振るって、北キムチの国を歩いている、
理不尽さこそ(もちろん組織絡みの人も)、
公安が隠ぺいしている事実と、合致する物ではあるのです。
だからこそ、
大手を振って、デズネランドに家族連れでいらっしゃるわけで。。。
その辺りの、微妙さを、
捜査当局も、熟知しており、
公安が半島の人間を使ってやっているイリーガルに
手が出せないでいるのです。
また、厚生省の薬グループ連中が、
気を使ってA級戦犯を処理しようとしているのは、
過去の問題ではなく、
現実にその遺族達が、
隠匿資金や隠ぺい事実を握っている事に対する
配慮と考えると、許せない背信行為です。。。
さらに、国内で自らの、利権を守る為、
隠匿資産を使って、公安にイリーガルをやらせている
事実も、問題です。。
自殺と報道された事件のほとんどが、
彼らの、仕業で。。。
最近ではライブドアの沖繩の自殺。。。
(物理的に、自殺が不可能にもかかわらず捜査されていません)
空港のビデオに公安の人間といる本人が映っていたはずなのですが、
ビデオ行方不明。。。w
さらに検察の駐車場で、捜査資料が段ボールごと行方不明。。
これだけで、充分、不起訴処分相当なのだが。。。
(被疑者に都合の良い、資料の隠匿に当たる)
裁判官までぐるぐるの国だし。。。
松岡農相とか(自殺の場所があきらかに公安)
加ト吉(自殺者が続出しているのに防止できていない)
汚染米の調査官(明らかに、自殺理由が見当たらず、隠ぺいを断ったために殺されたっぽい)
ヽ(`д´)ノ
昔だと、特養の汚職の時の厚生省の担当官(T字路を直進ありえんだろ。。。w)
まあ、和歌山カレー事件の被告を擁護していた、
三浦のおっさんとかも。。。
カレー事件は民主党(当時は新進党だったけ)の和歌山躍進に危機を覚えた
某政党の犯行と言われています。
本人が無罪になれば、明らかに疑われる人がいたようで。。。
三浦のおっさんが無罪かは。。。コメントできんけど、
当時のカレー事件の犯人が誰かはおおよそ見当ついてる。。。
嫌がらせ同然の再逮捕と移送直後の自殺はあまりにも。。
不自然。。。
しかも一面で三浦事件扱っていた新聞や報道機関が。
三浦のおっさんの自殺や、カレー事件との関係を、
隅の方でこそこそ。。。ぐるかよ。。。w
素人の犯罪で、たまたま町会長だけが、死ぬ可能性。。。
まずない。。。
やり口がプロ。。。
捜査当局もそれぐらいは解っているだろうに。。。
まあ、CXXの外務局員に追い込みかけられた、
経験のあるイシバシは、顔を見ただけで、
公安は一発でわかりますが。。。。
(´・ω・`)
結局何も、かわっとらん。。。
満州で。。。一般市民を見捨て、
自分たちだけ列車に乗り
その列車で人を乗せるかわりに持ち帰った、
資産を隠匿して、私物化し、
それでもって、自分の利権を擁護している。。
法律に守られる必要が無いので、
法を守る気のない人たちと、
法の守り手たる人たちが、対決しない限り
改善はされないと思うけど。。。
なさけないよね〜

by Cisibasi | 2008-10-18 21:52 | blog
<< 偽りのネット対策in日本 食の安全。。。あんこの中からも... >>