人気ブログランキング |

森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒と女と修験道 ...
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ミキティママのI-eごはん。
Unsettled so...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

教育って。。。何?

(*'-')今、日本では、
教育と言えば、学校教育のことをさしますが、
学校教育の始まりは、高々、明治時代から。。。
元々の目的は、西洋の先進国に恥ずかしくないような、
国民教育であったのですが、
その目的は、明治時代に優秀な人材を輩出した、と言う辺りまでは
成功と言えるかもしれません。。。
しかし、当初から、追いつくだけの教育では、
充分では無いと、されており、
学校教育だけで、済ますべきか、議論があったのも事実で、
学校教育は、取りあえずの一時的な処置とされていたのですが。。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
というのは、既に、その頃、西洋では、
個別教育や、才能教育の重要性がすでに、認識されていて、
家庭教師や(事実上本当の教育制度として、認可されていました)、
少人数教育、徒弟制の実業教育が、認められていたのです。。。
もちろん日本の教育制度を始めるにあたり、知らなかったはずがありません。
そういう中で、国策として一時的に始めた学校制度が、
なぜ日本においては、見直されなかったのでしょう?
大学で、行われる、アカデミックな教育でさえ、
高校卒業から、素養を育成したり、才能を育てたりしていたら、
充分に脳の育成が出来ないことは、脳の科学的な分析でもわかっていることです。
結局、官僚養成学校でしかない大学。。。
しかし、コンピューターの普及したいま、
官吏は、今の1万分の1位の人数で充分で、
後は専門教育と、才能教育を受けた、実務者で充分になってしまい、
大学卒業後、自分で事業を始めない限り、
現在のオールマイティの人材は要らないのです。。。
もちろん自分たちで、事業を始める人たちにとっては、
経営の才能も要ることですし、これは子供の頃から、
お買い物に行ったり、自分で貯めたお金を運用したりとか、
していないと、才能どころか、勘さえ働かない。。。。
しかも実際の官は必要のない、3流以下の官吏でいっぱい
的確な情報を集めるどころか、鉛筆なめなめ(ワープロで書いているのも一緒です)
都合の悪いことは、小学生さながらに消しゴム(ワープロだともっと簡単に。。w)
で消している。。。
市民から集まった有益な情報さえ、生でコンピュータに入っていることはまれで、
3流官吏の理解出来る範囲だけ、しかも自分の都合の良いようにしか、
入力されていません。。。
もちろん、これは、官吏教育のミスでもあるわけですが。。。
それ以前に、これら必要のない人たちを、雇い続けなければ成らないのは、
教育の失敗を認めたくない、国策上の理由もあるのです。。
そして、その最大の失敗作が、今の教師であるわけです。。。
本来、教師になる資格は、その道の実務経験を積んだ者であって、
教員経験ではありません。。。
ビデオや、DVDが普及したいま、知識的なことを、
効率的に教えるなら、実務経験もない教師は要りません。。。
なぜなら、教科書に書いてあることしか教えられないなら、
DVD一枚で生涯教育分のデーターは充分入るからです。。。。
後は目に見えない、数値化出来ない事を教えられる教師こそが必要なのです。。。
実際、教育の現場では、既に、ビデオを流すだけというとんでもない、
教育をしているところも。。。
インターネット時代に。。学校にビデオ見る為だけに通学。。。
飛び級も認められているのに、実際の子供たちには、
上級の知識や、漢字を使うのを禁止しているとんでもない学校も。。。
荒廃は児童でなく、学校にあるという事実に親が気づいていない。。。
恐ろしい事です。。。
実際知能だけなら、小学生の方が、学校の教師より高いのです、
知らないだけで、頭が悪いわけではない。。。
覚えられないだけで、頭が悪いわけではない。。。
覚えられないのは、教師が悪いから。。。
知らないのは、子供だから。。。当然です。。
(´・ω・`)
子供のうちに、英才教育を受ければ、天才にも成れる子供が。。。
馬鹿な教師にいや官僚の意図的な才能潰しに。。潰されてゆく。。。
悲しいかな、これが現状なのです。。
あなたの子供が学校に行くのを嫌がるなら。。。
まだ、見込みはある。。。親が子供と一緒に勉強してみれば。。。
疑問はいっぱい出てくるはず。。。
少なくても、大学の落ちこぼれ、教育学部の人よりはまともな教育が出来ますよ。。
参考書でなく、原本を見れるも親の特権、子供に教えるなら、
猿まね参考書でなく、原本(こちらの方が分かりやすい)から教えてあげることです。。
名前も書いてない知識を子供に教えない。。。
名前が書いてない=猿まねでどこかから知識を盗んでいるだけそんな低能な人の知識で子供を猿まね馬鹿にする必要はありません。。。
どうしても、そういう本が手に入らないなら、
科学百科全集、文学全集の様なものからでもいいのです。。。
少なくともそこには、知識の源泉となった人の名前入りで、知識が書いてあるのです。。。
学習参考書も悪い本ばかりではありません。。
専門家が、ちゃんと書いた参考書には、出典や知識の名前がちゃんと書いてあります。。
テクニック本で覚えなければ出来ない、人は、理屈がわかっていないからです。。
例えば、
矢野健太郎の参考書には
解法の手引きと解法のテクニックという2つの参考書がありますが。。
解法のテクニックは悪本です。。。数学者こそテクニックが必要ですが。。
一般の知識としては、解法の手引きでちゃんと基礎を覚えていれば、
数学には、何種類も答えが合って、その内最短の物を。。回答すればいいのです。。。
これは重要で、物理関係の人が2時間で解く問題を、
イシバシは20分ぐらいで解く事が出来たりします。。。
テスト始まって。。20分ぐらいで回答提出。。。
イシバシさんあきらめたんですね〜
2時間かかっても解けなかったらしい。。。
優の成績を見せびらかせる。。イシバシ。。。大人げないヤツw
始めた時から、さっさと終わらす計算を始めているので。。
答えを解く事より、自分の理解度をチエックしつつ最短で解けるように
問題自身の解釈を変更し、解いている。。。
努力だけでは駄目です。。。
いかに、知識を素直に吸収し、展開して行くか。。。
公式を覚えたり、答えを丸覚えしなくとも、
公式を自分で再構成して作り直す。。。それぐらいの能力は
誰でも身に付けられるのですが、
ゾロ本(猿まね本)読んでいたら(3流官吏の報告書眺めているのと一緒)
何時までたっても3流以下にしかなれない。。。
現代の教育の目的は、グローバル化の時代に生き残れる、
その道で一流の人物を作り出すことであるべきです。。。
その道というのがみそです。。。その道はいくらでもあるのです。。。
少なくとも猿まね本には。。。その道はころがっていませんから。。。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ日本人。。
c0177861_1484970.jpg

by Cisibasi | 2008-09-03 14:08 | blog
<< 人材派遣の光と影。。そんな大げ... エコロジイのエコはエコ爺(じじ... >>