人気ブログランキング |

森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒と女と修験道 ...
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ミキティママのI-eごはん。
Unsettled so...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

国破れて山河無し9。。。in日本

(=´∇`=)おはようございます〜
イシバシでございます
今日も朝からサタデーずばを見ながら娘にミルクを。
今朝の話題は農家。。。
Uターン農家のお話し、
イシバシは農家の出身では無いが、子供の頃の遊び場が、農家だった。。
倉庫にまだ、千歯扱きや、その他の農機具と、田植え機から稲刈機まで。。
そして、田植えの手伝いから、豆まき、耕耘機、稲刈り、そして養鶏場で鶏の世話、
全部やった。。
勿論、イシバシが住んでいたところは、田舎ではない。。
周りは、サラリーマンか経営者しか住んでいない、
高級住宅街の一角、住んでる人も、一流企業の課長以上から上場企業の社長に専務。。
子供も、私もいれて、近所の連中は国立大学、東大、京大、阪大と(NHKのプロフェッショナルに登場した人も)
まあ、あこがれの街だったらしい。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
だが、なぜか、小学校が歩いて30分。。。何処だよ。。w
ヽ(`д´)ノ
実は歩いて近くに学校は有るが、
市内の文教地区の学校に優秀な子供を集中させたいと言う大人のわがままで、校区が無理やり。。w
歩いて、遠く離れた小学校に、
その、途中が市内でも広く残された、水田地帯。。。
そして、農家の並ぶ古い村落。。。
友人がその農家の子供だった所為も有るが、そこら中の農家と知り合いに。。
祭りや、行事にも地元の人間でない私だけが、参加さてもらっていた。。
もちろん、大掃除、地域清掃にも参加。
農家のきつさや、朝夜が明ける前から起きだす生活には、
よくこの人達、続けられるな〜と思っていた、
友人の家は本農、所謂専業農家の為、農機具や、機械にお金は惜しまず、
都市近郊の、農家は現金収入に恵まれていた為、
テレビでも見た事の無いような最新式の機械が所狭しと並んでいた。
実は、私の子供の頃の夢は、植物学者になる事だったのだが。。
そこで遊んでいる内に、工学を目指すのも悪くないなと思い始めていた。
その頃の、植物学者の国内における扱いは劣悪、就職先が、先ず無かった
そして、大学は、工学部の機械工学科に進む事になったのだが、
おかげさまで一部上場の大手企業(その頃は新聞にも私たちの会社の就職人数まで乗っていた)で、
開発設計の仕事にありつく事ができた。
夢を形にと言うが、入社して直ぐに希望の事業部に配属してもらえた上、
業界のプライスリーダーになるまで、事業育成に成功した。。
だが、同時に、会社の足下がどんどん崩れて行く様も見たり、
官庁の仕事もやらざるを得なくなり、先生の集金やら、はっきり言って、社会の裏側を見て歩く羽目に。。
皆さんがよく見られるような装置、建造物に、直接携わった事も(と言うか技術指導もやっていた)
あるのだが、私は、過去に生きるのが嫌いで、常に自分の業績を隠し、人に手柄をなすりつけ、
新しい事に生きてきた。
だから、この国が後ろ向きに歩み始めた時が、よく分かる。
農家をローテクのように思っている人が居るが、
農家は、常に戦って来たのだ、新しい機械を入れ、新しい栽培方法を取り入れ。
新しい品種を、死に物狂いで、土になじませ、克服してきた。
いま、世界に、日本で栽培された品種が、広がっている。
ヤンキーの小麦が戦後日本から略奪していったものであること有名でもある。(おかげでヤンキーが食料輸出国に成れた)
戦う農家が、守りに入ると、結局滅んでいく。。
日本の縮図でもあるのだ。。。
さて、景気の悪化で、農家が見直されるのは良いのだが。。。
実は日本の国土は、山林で覆われていて、農家もこの山林のおかげで、
豊かな水と、豊富なミネラルを得ていた筈なのだが。。。
(かってイワシが肥料であったのは山の山林のお陰。。)
公共事業の所為も有るが、水源地の荒廃、山林の荒廃は目を覆うばかりだ。
いままた、山林の従事者を増やすという政策が。。。
果たして。。。
続きは、次回。。。続くのか。。。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ日本の農家〜

by Cisibasi | 2009-03-14 10:11 | blog
<< 国破れて山河無し10。。。in日本 半島の行方。。。アジア情勢の変化9 >>