人気ブログランキング |

森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒と女と修験道 ...
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ミキティママのI-eごはん。
Unsettled so...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

派遣社員の苦悩?。。。。法律のすき間に巣くう、人貸され商売。。。w

ヽ(`д´)ノ派遣切り一段落、って次は年度末。。。
よく、生活の為に仕事は選んでられないというが、
20代だと、確かに、与えられた仕事に一生懸命食らいつくのは、
正規労働者も同じなのだが、30になると様相が変わってくる、
自分が働いている環境に対する関心と、
此れからどうしようかと言う漠然とした不安と、自分に対する期待が芽生えてくる、
食べる為だけに働くという事に嫌気がさしてくるのだ。
この辺りで、派遣との差が出てくるのだ、食べるのがせいっぱいというのが、
30代まで持続されると周りを見る余裕もない、瀬戸際君になっている、
だから、与えられた仕事をこなす事ばかりに心が集中し、
より良い仕事をする意識が萎えてくる、
この辺りは正社員が見てればよく分かるのだが
本人には、理解すら出来ない、只、いわれた仕事を、こなしているのに、
給料が上がらない不満だけが。つのる。
仕事を工夫して、改善していこうという努力より、時間一杯仕事を延ばすほうにエネルギーが。
結局、ある限度を超えると、会社側は、若い人との入れ替えを考えるか、
正社員だけでやっていけるような設備に改善するかという選択に、
更に努力をあきらめて、海外移転も。
工場の労働者が、きらきら輝いていて、努力してるなと感じると幹部や社長も、
そちらに、投資したくなるものだ、
ずたぼろの格好でやって来て、
働きさえすればいいと言う感じでは、海外のぴちぴちの労働者に持って行かれて当然。
給料が安いのはあっちの方が上だし。
上の人にも努力してもらえる、魅力のある労働者になる。
それこそが、派遣の闇にとらわれた人達が、持ちえないスキル
自分たちの働きの場をどんどん狭くしていって、
結局賃金の叩き合いで職の奪い合い、そこに、仕事人や、職人の誇りすら無い。
もちろん、研修生をこき使うような、クンフーの足りない経営者もいるが、
これは、行政のピンハネ体質を監視する市民の努力に期待するしかない。。
最低賃金の半分以下で働く人を放置すれば税収が減るぐらいの知恵もないでは。。
もっとも、派遣君で官僚のピンハネを防いできた企業側の知恵も、政治家の無能が生んだものである事は間違いない。。
生産は増やしたいが、官僚に上納金を納めたくない、これは経営者が当然持つ意識で、
二重税を取り立てる官僚には、気の毒だが、正規雇用の人数をこれ以上増やしても、
官僚にむしられる気の毒な正社員を増やすだけだ。。
そういう意味では派遣がいかに、官僚の集金逃れに利用されてきたかであって、
派遣で儲けてきた企業と言うのは、いかにピント外れかわかろうというものだ、
今からでも遅くない、30、40、50台の自分を見据えられるような、労働者になるべきだろう。。
30になっても、生きていくためだけに働くなら、社会が貴方に答えてくれる事は無いだろう
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ正規労働者

by Cisibasi | 2009-01-27 14:31 | blog
<< 不作為と言う名の時限爆弾。。。... 国民の生活より。。。面子が大事... >>