森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:tunami ( 6 ) タグの人気記事


黙とう。。。。。in河内

合掌。。。<(_ _)>
[PR]

by Cisibasi | 2012-03-11 14:52 | blog | Trackback | Comments(4)

震災から半年。。。

お久しぶり、ヽ(´―`)ノ
イシバシで御座います。
最近は、娘も手がかからなくなり、幼稚園入園も間近。。
もちろん、幼稚園は既に通っていて、人気者w
正式入園は来年春ですが、それまでに、慣れる為に、
幼稚園に通わせています。
元々は、周りに、同じ年齢の子供が居なかったので、
公園デビューより先に、幼稚園デビュー。。
ところが、最近、近所に同じ年齢の子供たちが急増。。。
どうやら理由は、東北大震災。。。
子連れの家族が急に増えてきたようで、
娘には、仲間が増えて嬉しい様ですが。
素直には喜べません。
それだけ、現実は厳しいと言う事です。
私自身も、娘の留学先を捜している段階で、
来年の春、娘が地元の幼稚園に行くかは、微妙です。
浮き彫りになって来たのは、原発事故の放射能拡散を防ぐ処置が、
後回しになってきた事と、
既にタイムリミットが近づいている事です。
原発後の報道で、一番気になったのが、
放射能を放射線扱いし、放射線が弱まれば問題無いような報道が続いた事。
明らかなミスリードで、ハウスや、ブルーシート、田んぼに水張るだけで防げるような、放射能を防ぐ事が出来なかった上、
一度、斑に広がった放射能が、均質化で、汚染が拡大する事を、全く警告すらしていない。
最終的には、物流や、風、種、胞子、あらゆる自然現象と、人為的な移動により、陸伝いに、日本全国に広がって行く。
そう言う、防疫的な、汚染拡大防止が殆どされていない。
非常に危険な状態だと思います。ある日、日本全土が放射能で汚染されても、おかしくない状態なのです。
こういう時に、原発の代替手段も、準備せず、原発が、動かないと、電力が足りないとして、
老朽化した火力発電だけで乗り切ろうとしている、電力会社にはビックリです。
国際的にも、天然ガスの供給過剰がはっきりしてきて、
ガスタービン発電で、CO2も温暖化ガスも減らせる現状で、
それすら、増設していない現状。。。
充分時間があったのに、旧式の火力発電で乗り切れる筈など無い。
原発事故にしても、
明らかな事故を、
天災扱いして、税金や、公共料金値上げで乗り切ろうとしている。
そこに、企業責任が無いなら、原発など即刻停めて、
ガスタービン発電を、都市部近郊に設置し、
コジェネも入れて、有効なエネルギーを使うべきです。
充分時間があったのに、(原発温存する為に)ガスタービン発電すら増設しなかった、電力会社には、怒りすら覚えます。
充分答えは出たし、
まだ、後始末も始まっていない
後始末が終わるのは、何時に成るかすら判っていない。
情けない話です。
取りあえず、自力復興が出来る、人達のお手伝いはして行こうと思いますが。
こういう時にも、公共事業で焼け太りしようとしているのには、ビックリします。
お上が、事業やる必要は無いと思います。
民間が復興をやる手助けと、ガイドライン創りの手伝い(行政が創ると公共事業にしか成らない)で充分です。
昔から、日本は民間が事業を提案し、資本も準備し、お上が、認可と人足を準備してきた。
今は反対。それがおかしくなった理由だと思います。
民間のデベロッパーが、天下り先に成っていて、
資本に公金や、国の借金がつぎ込まれるって、異常です。
焦る気持ちは判るが、
復興の中心は人であり、コミュニティです。
焦らずに一つ一つやって行きましょう。
最後に、こういう時にこそ、報道を見失う事を忘れない膳場のお嬢さんに感謝します。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸ガンガレ日本
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸じょっぱれ東北
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸フレーフレー膳場〜
[PR]

by Cisibasi | 2011-09-14 18:07 | blog | Trackback | Comments(0)

初盆、震災後5ヶ月

今日は、((((〃⌒ー⌒)/
イシバシで御座います。
今年になって、長年の友人を無くし、
今回が、初盆です。
今年の初盆には大勢の方が、臨まれた事と思います。
思えば、学生時代も、夜を徹し、語りあい、遊び、
一緒に朝が明けるのも気づかなかったし、
東京に勤め始めてからも、津田沼に住んでいた彼の家に、
前の晩から車で出かけて、
朝から一緒にデズネランドに行ったり(私はその時に勇者のメダル貰ったw)
毎度、会社の帰りに二人で、アキバに繰り出し、
万世でパーコー麺にシュウマイを食べながら、ビールを酌み交わした。
彼は、多くの後輩や私たち友人から愛され、慕われていた。
仕事も、この国のトップクラスの仕事をこなしていて、
私は、いつも、お前は、何をやってるんだ?とどやしつけられたものだ。
会社の都合で、仕事の内容は殆ど教えられなかったが、
彼の、お叱りが無かったら、どんな仕事もマイナーで終わっていたろう。
奥さんと結婚した時も、真っ先にお祝いに来てくれて、
奥さんと同伴で、お食事や、お酒を飲みに初めて一緒に行った。
去年の正月に、わが家に、遊びに来てくれて、手術をするからと、
言われた時は、びっくりした。
阪神大震災の時は、彼も私も関西に帰っていて、
彼は、ダイオキシン入り野焼きの煙をいっぱい吸って、体調を崩し、
東北の方で仕事を見つけて、そちらに暫く行ってくると、暫く離れていて、
心配していたが、元気な姿で帰ってきたので、
安心していたのだが。
去年は、彼の通院の手伝いも有り、結局、私も関西に帰ってきて、
病院の近くのマンションに引っ越すのを手伝ったりとかしていた。
通院治療と言う事で安心していたのだが、
思ったほど、治療が効果を上げず、
再入院を繰り返していた。
今年の正月には娘と彼のマンションに遊びに行ったし、
娘はお年玉を貰って喜んでいた。
その後は、治療の為入院して、
メールのやり取りをしていたのだが。
二〜三日メールが来ないなと思ったら、
彼の家族から、いきなり電話が。。。
半分覚悟はしていたが、
結局一年しか持たなかった。
彼には、多くの事を教わった。
特に友人と言えど、間違っていると思ったら、
ズカズカと言ってくる彼の性格が、本当の思いやりから来ているのがすごく嬉しかった。
私はどちらかと言うとボンボンで、ぼーっとしている事が多かったのだが、
他人と接する時の緊張感は、彼に教わったような気がする。
彼は、何時でも、一期一会なのだ。
台湾に初めて行った時(まだ民主化前)
現地の人達が、日本人から貰った大事なものだと、
一期一会を大事にしているのを見てショックを受けた事が有る。
初盆は、有る意味、心の中で彼と出会える、一期一会の機会だったと思う。
どうだろう?皆さんはお会い出来ただろうか?
娘、奥さんと、送り火を焚きながら、
長かった、彼との付き合いも、毎回が一期一会だったなと振り返って思う。
悲しみを忘れる事は必要だが、彼の事は、何時でも思い出して一緒に居る気分になれる。
さて、彼から、又、お叱りの言葉が出る前に、
私も動き始める事としよう。
もはや未練は無いとは言え、これだけ、関西に居たのは久しぶり。
又、暫く、海外や、国内を彷徨う事に成りそうです。
皆さんも、復興に向けて、忙しく成るのでしょう。
夏が過ぎたら、多くの事が1辺に始まります。
お体に気をつけられて、出来る事から、頑張っていただきたい。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸じょっぱれ東北
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸ガンガレ日本
[PR]

by Cisibasi | 2011-08-26 13:42 | blog | Trackback | Comments(0)

東北大地震後一ヶ月

早いもので、もう一ヶ月、まだ、余震が続いています。
東北の方々は、いかがお過ごしでしょうか?
イシバシは、結構忙しかったです。
甥っ子の入学の準備で、
生活用品や、電化製品、家具の買い付け運搬で、
結局花見は、家のベランダから(と言っても、すごく立派な桜で、花吹雪が雪のよう)になりました。
さて、私ごとは置いといて、
本題は、震災の影響で、関西でも、家電製品も品切れや、配送遅れが発生していて、
品物がそろいません。(未だにそろっていませんが)
日本の製造部門を東北が背負っていた事を痛感しました。
食料品、生活必需品の値上がりも、結構すごい。
しかし、東北はまだ、避難生活が、続いたまま。
命がけだった震災直後とちがって、被災者も生活改善に気が向くように成ってきたようです。
しかし、今回は、自治体その物が、消滅、もしくは解体状態で、
いたせりつくせり、どころか、苦情処理すらやってくれる状態ではありません。
援助物資だけで、いつまでも生活を続ける事は出来ない事はわかっていても、
現実、仕事場も失って、収入の道すら閉ざされた状態です。
こういう中で、東北の方々は、良く、自助努力で頑張ってこられたと思います。
しかし、何故か、大量の募金を集めておいて、実効的な復興は殆どされていません。
仮設住宅も、関西でさえ、合板不足で、建て方がストップしている状況で、
すぐに改善されると思えない。
でもって、自主的に運営されていた方々も、自分の身の振り方を考えねば成らず、
周りの人の面倒を見ている場合では無くなりつつあります。
結局、受動型の援助ではなく、自助型の援助には、ソサイアティの維持が必要で、
震災(津波)で崩壊してしまったソサイアティを構築しなければ、いけないのですが、
時間と共に、被災者意識の共有より、プライバシーの方が重要に成って来るようです。
結果的に、誰かがやってくれると、殻に閉じこもった人達が増えてくるのは、阪神大震災と同じだと思います。
子供たちにとっては、学校や、幼稚園の日常が必要なのですが、
それすら、プライバシーの方が重視されるとままなりません。
でも、忘れないで欲しい。
復興への道は遠いけれど、あなた方を助けて、復興へのお手伝いをしたいと言う思いは、
日本国中、いや、世界中の人達が思っているのです。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸ガンガレ東北
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸ガンガレ日本
台湾では、震災支援金が、過去に無いほど集まっていますし、
ロシアは、プーチンの取り計らいで、復興の為のエネルギー不足を補う為、日本の復興支援の為の液化天然ガスを増産し、
それが、地震から一月たった今、サハリンから、日本に届いています。
みんなが、熱い思いで、東北を見ている事を忘れないでください。
今は苦しくても、東北人としての誇りを捨てないで頂きたい。
必ず我々が、復興をお手伝いします。
私自身、福島の浜通りから、岩手、青森の三陸、釜石や、大船渡、宮古、そして八戸を、
数え切れないほど訪れていて、そこに住んでいた人達の息遣いを思い起こしています。
けっしてこのままで良いわけが有りません。
原発の問題で、関東が生産調整に入って、思い通りの援助体制が組めないもどかしさはあるが、
その内、新幹線も開通するし、バッグパック担いで、若者たちがお手伝いに日参で行けるようにも成ります。
皆さんが、お元気で、明るい笑顔を取り戻してくださる事を、祈りつつ。
じょっぱれ、けっぱれヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸東北人〜
[PR]

by Cisibasi | 2011-04-18 20:26 | blog | Trackback | Comments(0)

東北大地震後一週間。

イシバシでございます。
今年は、1月から、友人をガンで亡くして、(正月に娘を連れてお見舞いに行ったばかり)
2月は殆ど法事やら、娘を海友館に連れていったりと忙しく、
気づくと、もう3月に、
さらに、甥っ子の大学入学のマンショの下見やらしてると、
ぐらぐらと。。
しかも食事中。。。
地下街で食事していたので、どきどきでした。
長く揺れていたのが印象的で、近くで発生したと思っていたら、
なんと東北でした。
それからが大変。。
姉貴への電話が通じません。。。
結局通じたのは、自宅に帰ってから、3日後。
姪っ子は、お泊まり(帰宅難民。。w)だったとか。
インフラの脆弱さを思い知らされました。
メールも遅れて、全然到着していなかったそうです。
ですが、びっくりしたのは、ニュースを見てから。。
大惨事です。
さらに、びっくりしたのは、無事に非情停止していた筈の、原発が。。
まさに、山河無しとは、こう言う事を言うのでしょう。
津波の恐ろしさは言うまでも有りません。
津波に関しては逃げてから考えろといいます。
今回は警報は、確実に出ていました。
それでも、多くの方が亡くなられた。
お悔やみ申し上げます<(_ _)>
追い討ちをかけるような、火災、放射能の漏えい
さらに寒さが、雪の降る中で
ろくな暖房も無く、食事もまま成らない被災者の方々。
さらに、計画停電で出勤もまま成らない関東地区。
支援する側も、混乱する事態で、援助の遅れが気になります。
どうか、お体に気をつけて頑張ってください。
私なりの支援プログラムも実行するつもりです。
では、また。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ東北、ガンガレ日本
[PR]

by Cisibasi | 2011-03-19 17:13 | blog | Trackback | Comments(0)

至急=津波警報発令

(´・ω・`)チリ地震、大津波警報発令されます。
今日28日、午後から、日本に到達します。
当初の予定より高く成る見込みで、
大津波警報が、発令される模様です。
まだ充分時間が有るので、該当地域の方は、
慌てずに、避難準備してください。
後続波も有るそうなので、避難後すぐには、帰宅出来ないので、その準備も必要です。
既に公式発表されていますので、テレビ等で、充分情報を確認してから移動して下さい。
飲料水や、ガソリン等は早いめに用意してください。
ギリギリに用意すると、混雑や、準備忘れします。
家族で移動する場合は、避難経路も確認しておくと、慌てなくて良いですよ。
[PR]

by Cisibasi | 2010-02-28 08:48 | blog | Trackback | Comments(0)