森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
全体
blog
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:trick ( 1 ) タグの人気記事


詐偽の構造 。。。。。in 日本

今晩はイシバシで御座います。
<(_ _)>
楽しかった、バレンタインエベントも終わり。
さて、私たちの来し方行方を見直して見ると、
東北大震災から一年をもうひと月を切り、
新たな、問題が山積みです。
放射能の除染とか小手先の話ばかりで、
拡散した放射能をどうして行くか、全然見えてきません。
自然界の汚染も待ったなし、
土壌(ドジョウ。。)汚染、みみず、鳥と言う汚染サイクルすら止まっていないし。
腐葉土に堕ちた放射能が、雪解けと同時に河川や、小川にまで解け出してくる。
そういう中で、
一番守らないといけないのは、放射能による内部被曝。
さて、日本では、詐偽と言えば?
消防署の方から来ました。∑(゜△゜;)え?
が有名です。
消防署から来たと、思い込ませる詐偽の初歩的なテクニックです。
以前も言いましたが、ここまではグレーゾーン。
詐欺的であっても、言い逃れは出来る。
さて、我が国では、下々の初歩的な詐偽とは別に、
官僚の作文という、国の権力をバックににした、詐欺的な行為がまかり通って居る。
典型的な例が、放射性物質食品の新基準。
官僚が作成した作文を別の省庁とはいえ、同じ原子力利権を持つ省庁が答申。。。
これでも、基準はきつくて不満という意見書までつけて。。。
はた目から見たら、食品基準を厳しくして良い事だなと勘違いさせる出来なのだが、
視点が間違っているというか、完全にミスリードを狙った詐欺的内容。
そもそも、放射能と、放射線の違いも判らない一般人を騙す目的で答申したとしか言いようが無い。
先ず、放射能と言うのは、放射線を発生する(もしくは帯びた)物質の事で、
放射線とは性質が異なります。
放射線は在る意味均質で、距離によって強度が変わるし、遮へいすれば危険度は、ほぼゼロです。
ところが、放射能は違います。あくまで物質なので、
存在するか、しないかと言うON,OFFの関係です。
もちろん自然界にも、放射能は微量ながら存在しますが、
計測可能な放射能が経口で体内に入る事は、稀です。
あくまで、放射能の放射線に晒されるだけなので、長期的に浴びない限り、実害は少ないでしょう。
ところが、計測可能な放射能が体内に入るとなると、意味合が違います。
実は、詐欺的と言えるのは、その単位の意味の無さなのです。
簡単な例を言えば、放射能汚染されている食品を、
汚染されていない食品と同量混ぜると、計測値が半分になるような数値は、信用すら出来ません。
実は、マスプロ時代、
受け取り検査と言うものが有って、
抜き取り検査で、計測した値が不正だと、全品返品と言う制度が有りました。
優秀な下請けは、全品検査しても歩留まりが良いので問題無いのですが、
歩留まりの悪い下請けは、それを処分したら会社が潰れてしまう。
そこで、持ち帰ってきた製品を、新しい製品に混ぜて、
もう一度出荷するわけです。
抜き取り検査ですから、
歩留まりが、極端に悪くない限り、検査をすり抜けてしまう。
そうやって、不良部品が納入され続けていたという実際に有った話です。
マスプロのラインでは、受け取った以上、少々無理をしてでも組み込むか、
組立時の、不良品として処分されるかの問題であったのですが、
食品の場合そうは行きません。
規制値越えて(若しくは規制値の半分ぐらいで)、返された食品を、
放射能汚染されていない食品と混ぜて再出荷なんかされたら、
規制値以前に、放射能汚染されていない食品にまで、汚染が広がるわけです。
努力目標として、汚染値を設定する事は必要だが、
それとは別に、
放射能汚染が計測された食品は買い上げて、市場に出さないという、方針で、
当たらない限り、放射能拡散は収まりません。
半減期が数十年とも成れば、消えてなくなる事の無い放射能が、
食品を通じて、日本国中に広がって行くのです。
放射能も物質ですから、処分する事により、集める事は出来る筈です。
目に見えない放射線は、知識さえあれば恐れるに足りません。
しかし、放射能はどんな微量でも、近距離では無限大の放射線を受けたのと同じ効果が有ります。
体内被曝の危険度は、計り知れないのです。
放射能汚染した水を薄めたら飲めると、書いて有るような官僚の作文は信用しない事です。
低濃度の放射能には、高濃度放射能に無い、生命系への危険性も有ります。
高濃度の方が、実は扱いやすく、ボリュームも少ない利点もあるのです。
薄めて浄化するより、高濃度を浄化する方が、装置も小さくて済む。
今まではそうやってきた訳で、
結果的に言えば、低濃度で広域が汚染された場合の想定など元から無いのです。
そう意味では、管理区域内の汚染しか考えられない今の専門家の意見より、
素人の考えでも、効果的なやり方を採用して行くしかないのが、現状です。
先ずは、アイデアを出して考えて、実行される事をお勧めします。
私的には、高汚染地域の水没をお勧めしたい。
人工湖を創って、汚染水の除去を並行してやる。それによって、食物連鎖による拡散は防げる。
湖上に建造物を創る事も出来るし、放射線量も極端に押さえられ、
汚染された河川の、海洋への流出←ここが重要
も停められます。
今のまま放置すると、海洋側の放射能汚染を停める手段が有りません。
つまり、太平洋側全体の海産物が、放射能拡散の危険にさらされているのです。
少なくとも、河川は、浄化してから下流、若しくは海洋に流す必要が有ります。
計測して問題無くても、大雨とか、台風、降雪等、
大量に海洋に放射能汚染が流れ出すリスクは避けなければ、
いずれもっと広域で、海産物が汚染される事になります。
原発からの放射能拡散が止まっても、そういうリスクは収まりません。
放射能が微量の場合、沢山の海産物に紛れて、貴方の体に入れば、
それが高い放射線を出していても気付く事はほぼ無いでしょう。
そうなった時のリスクを減らす努力は、ON、OFFでしかないのです。
稲藁で放射能を吸着するとか、試せる事は試してみるべきでしょう。
私自身は、稲藁に付着する納豆菌の変異が心配でもありますが、
そういう事を入れ、是からは自然科学者の出番だと思いますよ。
[PR]

by Cisibasi | 2012-02-17 23:57 | blog | Trackback | Comments(6)