森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
全体
blog
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:inaka ( 1 ) タグの人気記事


エコロジイのエコはエコ爺(じじい)のエコ。。in河内

今晩はイシバシで御座います。
親友がガンで亡くなって一年経ち、
震災後一年経った。
日本に居続ける理由も少なくなってきて、
これからの自分をどうして行くか?
見直してみる事にした。
さて、今の自分を見直すにはエコを見直すのが一番。
でもって、一番上に貼り付けている記事に関連で画像が貼り付いている。
エコロジイのエコはエコ爺(じじい)のエコ。。w
http://isibasi.exblog.jp/9610977/
を観てみた。
これって、2008年九月の投稿なんだけど。。。
今と全然、状況が同じと言うか、将に今書いておきたいことだ。
で、今書くと、更に同じ事内容になりそうなので、
引用に止めておく事にした。
これが、2008年九月に書かれた内容である事を認識していただきたい。
でもって、当時は、誰もこんなたわ言相手にもしなかっただろう。。
原発の問題は、闇が深い。
震災のがれき処理が進まない。。。
確かに問題だが、
それと広域処理は別問題だと思う。
もともと、行政のやる事はえげつない。
阪神大震災の時も、進まない処理を口実に野焼きを行い。
ダイオキシンの煙が、大量に大阪側に流れてきた。
広域処理は、そういう処理優先で野焼きが行われるのを防ぐのが目的で、
がれきの圏外持ち出しを奨励するものではない。
特に放射能の移動は、原則禁止だ。
規制値とか、汚染地域の数字を、日本全国に適用し移動を公認するなど持っての他。
そういう政府なら破綻しても良いんじゃ無いか?
潰れても良いと真剣に思い出した。。
焦げ付いた年金資金に未だにすがっている人達には、目が覚めていいだろう。
がれき処理、資源再生は、
今、日本が取り組むべき問題。
現地に、再生工場を創って雇用を生む方が、
ミスマッチのドカチン需要より、継続性が有って自立も出来るだろう。
田舎の経済にドカチンは破壊的だ。
生産性の低い田舎では、生産に従事しない人間を養って行く余裕は無い。
いくら、ドカチンに金をつぎ込んでも、生産の裏建てが無い金は、
吸い上げられるだけだ。
お金が無いとなにも出来ないと思うが、
無ければ、外から稼げば良いのだ。
ドカチンの落ちてくるかねでは、100年経っても自立復興は出来ない。
インターネットの時代、
グローバル化とは、地方再生に世界相手の事業を行なえる変化であって、
けっして、グローバルで勝ち残る大企業の事ではない。
東北の田舎でも世界相手の仕事が出来る。
そういう時代に、地元に金落とす為の公共事業にぶら下がるのは、
無能な行政を証明している。
住民有っての田舎、田舎あっての村おこしだ。
田舎に都会を創ろうなんてどだい無理だし、そんな事で若いものは止められない。
魅力の在る田舎だからこそ、若い人も残るのでは?
出稼ぎしなくても、今の東北には充分な環境は有る。
無いのは、行政の独立心だ。
都落ちの落下傘候補が、郷里を食い物にする現状を良く見る事だ。
中央に戻りたい一心でどんな悪い事でもする悪代官は、けっして昔の話ではない。
仕事で田舎を回る事が多かった、
だから、日本の田舎が、金太郎飴式で、個性を失い、結局寂れて行く姿をこの目でみてきた。
今は、田舎の時代だ。
本来なら、昔より良くなっているはずなのだ。
だが、
状況は改善されるどころか悪化している。
何故悪くなっているのか?
良く考えてみる事だ。失ったものを。
[PR]

by Cisibasi | 2012-03-17 22:24 | blog | Trackback | Comments(11)