森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
全体
blog
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:hiyodori ( 1 ) タグの人気記事


国敗れて山河無し17。。。。in 河内

c0177861_14325628.jpg

「これはヒヨドリです念の為に。。。」
ホーホケキョ。。。。
ウグイスです。。。我が家の窓先にもやって来ました。
目の前の木の上で鳴いてくれるのですが、
すぐにヒヨドリがやってきて、おっぱらってしまいます。
カラスとかは、人間が居ると寄ってこないのですが、
ヒヨドリは平気です。
もともと、ヒヨドリもウグイスも人間が飼っていた鳥です。
特に、ヒヨドリは人間を識別し、
慣れてくると、どんどん近くに。。
手が届きそうな距離までやって来ます。
ウグイスが来ると、人間のくれる餌を取られないように必死です。。
ヒヨドリも、ウグイスも、夫婦仲の良い鳥で、
我が家にやって来るヒヨドリも、ウグイスもつがいです。
他にも、もっと人懐っこいメジロ(ウグイスに似ているので間違える)
人の目の前で餌をついばみます。
ヒヨドリも駅前の街路樹切られて行く所が無いのでしょうが、
ウグイスやメジロにはいい迷惑です。
駅の近くの方が餌が豊富なのですが、
街路樹が無くなると、カラスの方が餌取りも優位です。
(カラスは背の高い木にしか居着きませんが、ビルの屋上でも可なのです)
だが、元を正せば、
そのカラスも、里山を切り開いて住宅街にした人間におっぱらわれたのです。
私の住んでいる地域は、裏山があり、反対側は大規模開発されたのですが、
私たちの住む旧街道側は、開発も出来ず、
そのまま、里山が残って居ます。
当然竹林とか、小鳥が巣を作る、笹の茂みもいっぱい。
カラスも地元のカラス(1〜2つがいです)が居るのですが、
そのつながりで、駅近くまで裏山が繋がっていて、
その辺りには、数えられないくらいのカラスが住んでいます。
一キロと離れていないのですが、
夜行くと異様です。(明け方出かけて行くので昼には居ません。所謂寝床です。)
その殆どが、丘を住宅開発するたびに、追いやられて来たのです。
もちろん、駅の周辺に、そんな大きな丘は残って居ないので、
新たな住宅街も、
駅から数キロ離れている為、通勤も、買い物もマイカー。
その連中が、狭い旧街道を抜け道代わりにスピードあげて走り抜ける現状です。
しかも、木曜日とか休みの日になると、我が家の周りには、
その、残り少ない野鳥観る為に団体さんが。。。
双眼鏡、カメラ片手に、
私有地などお構いなし、門の中など平気で入ってきます。。。
煙草のポイ捨てはするし。。。
なんの為の野鳥観察だ?としか。。
(カラス見物でもしやがれと思っていたら、
近くの川に放ったカルガモを歩道占領して見物。。。
それ、野鳥じゃないと突っ込み入れたくなる。)
ほんとう日本には山河は残って居ないんだなと痛感します。
とりあえず、厚かましく、被写体になってくれたヒヨドリの写真
(目の前でカメラ構えても逃げないどころかカメラの方に近づいてくる)
アップしておきます。
c0177861_14374965.jpg

ウグイスの、メジロの画像は、現在、個体数些少につき保護の観点から割愛します。
[PR]

by Cisibasi | 2012-03-23 14:51 | blog | Trackback | Comments(15)