森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

食の安全。。てなに?

(´・ω・`)掛ける必要のない関税の為に、
義務で輸入している、外米。。。。
国内では、コンビニで、エスニックライスや、
中華料理店で、焼き飯の材料になったりしている。。。
問題なのは、なるだけ安く買わないと、
国内では、10キロ70円ぐらいでしか、
消費者が買わないことだ、(この実態で、関税掛ける必要があるのか疑問?)
さらに、国産の古米がだぶついて、お菓子の材料となるのに、
農業関係の補助金が使われている、現状で、
よほど安くないと、引き取ってもらえない。。。
勢い、買付価格は、国際相場をかなり下回る(売値自身が既に底値。。。w)
ため、はなから、事故米
所謂、汚染米や、農薬残留、カビが生えた、とかいうゴミのような米を買い付け、
食料では無く、工業用米、として、輸入することで、
ノルマ達成をしているのだ。。。
問題は、これら税金で買い付けたはずの米の処分に更に税金が使われることだ、
工業用となれば、底値の更に低い値段が、国際的にも設定されているので、
直に、半加工材料を海外から仕入れたほうが安いのだ。。。
そういう中で、食料用に、転売し、事故米であることを隠ぺいする業者が。。。
食材メーカーが、工業用と偽って購入していることが問題なのだが。。。
もちろん事故米はくず以下の価格になるように、税金が導入されている。。。
もちろん、それらを買い付けて、食料用として、売れば、
ぼろ儲けになる事ぐらい、間抜けな農林省の役人でも、
気がついていたはずだ。。。
勘ぐった目で見れば、ほんとに、事故米だったかどうかも、あやしい。。
不良在庫を抱え、処分と、一獲千金を考えて、
普通の外米を、事故米として、税金を投入して、
業者に引き取らせ、食料用として、売らせていた可能性さえある。。。
かって、米の配給制度撤廃に反対した勢力が、
処分したはずの古米を、配給米に化けさして、ぼろ儲けしていたことを
考えると(めちゃくちゃ不味い米だったのだが、産地混ぜると不味くなるとか言い訳してた)
充分やっているに違いない、すねに傷持つ連中が、農相に成りたがるわけだ。。。
生産者が一生懸命作った米を、不味くなるまでほっといて、
税金投入して自分たちの儲けを作り出す構図が。。。
外米輸入の過程でも、おなじ人脈が、脈々と、流れているのだ。。。
かって、肉屋が、肉を混ぜて、ぼろ儲けをしていたが。。
(中華の羊頭狗肉は更に、凶悪だが。。。w)
それより更に、大掛かりで、税金を使っているだけ、
ダニの様で、始末に負えない。。。。
問題は、米だけでなく、あらゆる輸入食品に掛けている、
関税の妥当性と、無理やり関税を掛ける為に、
安くて、危険な商品を仕入れている、業者と官の密着ぶりだろう。。。
特に、ウナギもだが、国内で、敗残組が、
官と組んで、本来あり得ない価格で仕入れる為に、
偽装や、税金投入により、勝ち組に成っている事だろう。。。
税金の使い道にもっともらしい理由がついている補助金や、
使い道にもっともらしい事を言って、消費者にちゃんと還元されていない税金。。
デンジャラスな肉を食べて我慢している消費者から取った金が、
高級国内肉を食べている消費者むけの肉の補助金になっているのは、
どう考えてもおかしい
ヽ(`д´)ノ
ウナギ偽装は、そういう所を見透かされているとしか。。。
じゃあ、どうすれば安全なのか?
地産地消も一つの方法だろうが、
やはり、不透明な関税のかかっている商品は買わない事だ。。。
イシバシは、基本的には牛肉は買わない。。。(カンサス肉が入ってきた段階で輸入肉は買わなくなった、核実験の放射能が降り注いだ、清教徒の土地(ユダヤのカンニングペーパー参照)で育てられた汚染肉を日本向けにわざわざ輸入してきた)
くず肉をアメリカから輸入していたのは公然の秘密だったしね〜
解体仕立ての鳥肉や、国産の豚肉、出来るだけ、小魚(輸入するメリットが無い)を
食べるというのがメーンだろう。。。
港で釣ったアジのフライなんかヘルシーで良いし。。。
牛乳も、ハムも買わなくなった(牛乳は大好物だったのだが。。)
卵も、メーカーを選ぶように(ひどいところは、半年ぐらい置いた卵を平気で売りつける。。。生協の卵なんか有名。。w。。ギョウザも生協だった。。w)
大量に固定客相手の商売をしながら、スポットでしか買い付けていない業者は敬遠。。(主に生協)
農協や輸入業者相手に大量の委託契約(これが産地偽装の原因にも)をしている業者から買わない(これも生協。。。w)
まあもともと、生協って、生活共同のはずなのだが、
商店街の連合みたいなところが、なぜか、生協を名乗れるのが、日本の不思議。。。?
幹部連中だけが、まともな物食ってて、一般会員にはくず同然の商品を
へ理屈こねて売っている危ない生協も。。。
もちろんまともな所もあるのだが。。。
組織が大きくなって、消費者の顔も見えずに生協が、まともにおれるはずが無い。。
中に、向精神薬入れられたって気づかずに、買い続ける羽目に。。。w(´Д`;)ヤバヤバ
わが家の、台所を、顔も見えない人に委ねる気になる所がすごい。。。
少なくとも、食の安全を語る資格はない。。。
実際、最近起こった、偽装や、食の安全を脅かす事件で、生協の名前が出ていなかった事があるかどうかかんがえれば、
自分で地元のマーケットを育ててこなかった付けが、
如何に高い物に付いたかわかろうと言う物だ。。。
安全ですとか、高級とか、日本製とか、
平気でラベルに貼り付けて売っている中華製品(これも買い付けトップは生協)
を見慣れているイシバシはホームページに如何にまことしやかに、
書かれていても、何も知らない印刷屋が印刷した物と同じ程度にしか思わない
事にしている。。。(あり得ない数量の有機栽培なんかが。。w)
麦焼酎しか飲まないイシバシは、
芋や米の実態をもっと消費者が知る事が不正の防止になるのにな〜
と思ったのであった。。。w
(中華製の芋。。。w)
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ日本の農家



c0177861_13534381.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-09 13:50 | blog | Trackback | Comments(0)

物作りの心。。。職人への道?

(´・ω・`)物作りの話が出たので、
物作りとは?という素朴な疑問を。。。
経済発展をする為に、囲い込みの様な、職人や、離農者を
企業に取り込むことで、成果をあげた、
日本、ですが、資本作りは、今や、本末転倒状態に、
ものつくり大学を、見学に来るのは、
殆ど、サラリーマンの子供たちで、確かに
夢膨らせることは出来ても、実際そんな職業に就く可能性は、
ほぼゼロだ、
ましてや、見習いや、半人前の世界で、
今の貨幣経済の中で、やって行けるとも思えない
最大の問題は、富の、非生産者への集中だ、
会社においても、遺産相続対策としか思えない、
ホールディングスの林立で、安易な非採算部門の切り捨てが、
堂々とまかり通るようになり、
職人の後継者育成どころか、若手無視の経験者の奪いあい、
経験者の再囲い込み(所謂、社内人材派遣業、辞めさせた人を更に縛りつける、ドラフトよりひどい、たこ部屋事業)を平然と続けているのが実情だ。。。
そこにあるのは、有能な人材の、有効利用ではなく、
人材流出を防ぐことで、自社を守ることしか考えない、
社会を全く無視した、身勝手な企業理論だ。。。
もちろん、企業側にも、言い分がある。。。
それらの人を、有効に利用するだけの資本が、無いというのが実情である。。。
では、なぜ好景気に沸いてきた日本に、そんな資本がないかというと、
赤字国債による、民間資本の吸い上げがあるのだ。。。
国にとっては、経済振興策かもしれないが、
企業にとっては、有効な資本の調達が出来ず、
果ては、ハゲタカファンドの餌食になってきたのである。。。
政府系ファンドとか言いながら日本ほど、
政府系金融機関の多く、資金が潤沢なところは無い。。。
一方で、政府系金融機関ほど、焦げ付きの多い所も無いのだが。。。
伸ばすべき事業には、金が行かず、
土をこね繰り回す、
再生産性の低い事業にばかり投資してきた、つけなのだが。。。
結局、人材の有効利用と、育成にはとんとお金が回らずに、
20年近い年月を浪費(平成その物が、そういうやからの時代だったと言える)
した揚げ句に、後継者不足、賃金の低下、
マクロ経済の後退という、最悪の事態に。。。
この期に及んで、土をこね繰り回すことを(箱物を作ることをそういう)
後継者養成にすり替える。。厚かましい根性。。
それだけの金があれば、掘っ立て小屋でどれだけの職人を養って、
育成出来るのだろう?
例えば、大工、高度成長期に、不足した為、
大工がいなくても、建つ、プレハブや、
土建屋が、ホッチキスで立てた建物が、当然のように立ち並ぶように。
用が終わったら壊すプレハブはともかくとして、
まともな建物と同じ値段で、売買された、
ホッチキスで建てた、建物の寿命は、用が終わるまでも、もたず、
沢山の不良建築(地震や災害時に最大の障害になる)を、作り出してしまった。。
まともな建物に直そうにも、大工がいない。。。
大工が建てた建物でもないのに、
いかにも本格建築見たいに、売り続けた結果が、
大工の働く場まで奪ってしまった、
ホッチキスの家具が、まともな家具作りを、潰したように、
ホッチキスの家が、まともな家作りを潰してしまったのだ。
都合の良い時だけ、ホッチキスの家で暮らす、キリギリスのような生き方。。。
まさに、今の日本の姿だ。。。
冬がきて、キリギリス達は。。。w
温暖化のさなかに、凍死。。。
笑い話で済ませられないところに、資本を政治の力でねじ曲げてきた、
日本の行く末がある。。。
マクロ経済があってこそ、充分な、輸入と、輸出が行えるが、
輸出の為の、材料さえ買えなかった、惨めな時代を思い出すが良い。。。
紙くず同然のドルと心中するつもり(実勢は1ドル10円位の価値しかない)
なのか。。。。w
再生産と、高付加価値の路線を支える、
物作りこそ、日本の経済を支える礎なのだが、。。
その為には、安心して住める家、安心して食べられる食べ物。。
日本の優しい自然と、四季。。
どれひとつ、欠けて良いはずもない。。。
種と、肥料だけ播いてれば野菜が育つとか、
魚を放流すれば、いっぱい魚が取れるとか、
そういうレベルでしか、日本の環境を捉えられないでいると、
今に、大変なことが。。。
料亭でしか飯を食べないと、そういう危機感も無くなるのだろうが。。。w
c0177861_10405792.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-08 10:41 | blog | Trackback | Comments(0)

太陽の力。。。(*'-')

(´・ω・`)お盆過ぎてから、
雨ばかりで、日照時間下がる下がる。。。
米の出来具合がちと心配。。。ヽ(`д´)ノうまい米食わせろやゴラァ
照りつけているうちは、はなはだ迷惑な太陽だが、
日が照らないと、殺菌効果も薄くなり(米もこれでやられる。。w)
病原菌やら、カビの繁殖の大チャーンス。。。(=´∇`=)。。違w
昔の日本人は、衛生意識が結構あって、
食品やら、結構工夫された物も多く、
生活の中にも、いろいろな、健康や衛生に対する知識が、織り込まれていた、
特に、明治以降の西洋医術の浸透で、
伝染病に対する防疫意識もはっきりしてきて、
衛生的なのが当たり前になっていたのだが、
当たり前になると、ありがたみがわからないのだろうか。。。
最近は、帽子もかぶらない、マスクしない、のど飴なめない。。
手洗わない、不特定多数の人の出入りするところに、
なんの防衛手段も講じずに、出入りする人が多くなっている。。。
ただ、太陽が照っていると、それらも、大半は死滅する。。。
でも、太陽が無くなると。。。
酸素も、夏は盛んに植物から排出されるので、嫌酸菌が繁殖しずらくなる。。
だが、こう雨が降り続くと、
自然の防疫力に頼るのは難しくなるのだが。。。
今の日本人にそれだけの知恵と習慣が残っているだろうか。。。
子供が沢山亡くなる、病気の多い地帯と、今の日本と、
大差ないのでは、いや劣っているかもしれない。。。
行政による、保健所や、診療所の力も無くなってきて、
さらに伝研もつぶされた(日本の伝染病の撲滅は殆どここのおかげ。。。)
脚気さえ、麦飯食ったら直ると言う単純な対応を妨害して、
日露戦争で多数の死者(戦死者より脚気でなくなった死亡者の方が多かったと言う話も)を出した日本の医者の元締め。。。。
行政サイドが、果たして、役に立つのかも不透明だ。。。。
自分の身は自分で守らねば、
大変なことになると心がけておこう〜
ヽ(;´д`)ノ
c0177861_15415575.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-05 15:42 | blog | Trackback | Comments(0)

人材派遣の光と影。。そんな大げさな物ではないが。。

(´・ω・`)人材派遣会社って、
携帯さえあれば仕事紹介してくれるから、便利と思っていると、
非常に甘い。。。
紹介してもらえるのは、人材派遣会社が、
独自に開発した所では無い場合が多い、
2重派遣が生じるのも、登録者をキープすると言うより、
仕事をキープしておきたい、派遣会社側の思惑もあるのだ。。。
極端に言えば、ハローワークで公開されると、
早速、人材を斡旋しに行く、
本来、個人向けに情報公開されているのだが、
ハローワーク自身が、
人材派遣会社が情報を利用する事に制限を設けていないのだから、
仕方がない。
まあ詰まる所、就職口を一つ潰せば、人材派遣業者は一口儲けが増える、
つまり、そこに就職出来なかった人が、あぶれて、人材派遣会社に頼らざるを得ないのだ。。。
もちろん、スポットな情報オンリーでやりくりしている所もあるのだが。。。
実際就職情報のオンライン化が、人材派遣会社に、
就職情報を提供したみたいな、状態になってしまっている。。
そこで、就職情報を得ても、それにマッチングする人材や、
その条件にあわない場合、仕事を投げるのと同じやり方で、
人材派遣会社から、人材を吸い上げるのが、2重派遣だ。。。
早い話が、自分とこでは、こんな仕事受けたくないと、しても、
そんな条件でも引き受ける、人材を電話一本で釣り上げている所から、
引っ張ってくるのである。。。
企業間で契約してて、労働条件を知らぬはずが無い。。。
2重派遣だと、報告義務すらないのだから、こんな良い話はない。。。
早い話が、仕事にあぶれる人を作り出して、
あぶれて、あっぷあっぷしている人から、電話がかかってくるのを待てば良いのである。。
もちろん3割もピンハネされたら、ワーキングプアーになるのは折り紙付きだ。。。
まあ、もともとは、就職情報を、
散々、私物化してきた、職安時代の情報統制で、
役に立たないと揶揄された職安が、ハローワークに成るに辺り、
オープンにしすぎた所為もあるのだが、充分な労働者保護と、
失業保険の原資になる労働者の賃金確保に、努力してこなかった
ハローワーク側の問題もあるのだ、
もともと、人材派遣を特殊な人材に限ってきたのには、
職安が高収入者のキャリアアップ転職に役立たないという実際問題を、
追従される形でなされたのであり、
もちろん組合側の、会社単位でしか活動してこなかった(本来は組合が技能者の転職を斡旋すべきなのだが。。逆に組合は、非技能者集団の溜まり場になっている)もんだいもある。
高収入者のキャリアアップ転職が円滑に行われていれば、
人材派遣会社自身が要らなかったのだ、さらに、失業保険の原資もさらに増えていたことだろう。。。
実際は失業保険の行き先が、ものつくり大学みたいな、非保険者に使われてきたことが事実である。。。
本来転職者の再教育がメーンであったはずの職業訓練センターも、
新卒者の、技能養育所に(これも非保険者だ)化けていた。。
もちろん今の企業は、実務経験の無い人は、殆ど雇いません。。。
企業の訓練センターで何年も無駄飯食わしてくれた時代ではないのです。。。
職業訓練校や専門学校でても実務経験があるわけも無く。。。
結局、人材派遣会社へとなって要るのが実情で。。。
早い話が、技能を身に付ければ、就職出来るなんていうのは、
詐欺同然なのです。。。。
自分が何をして働くか、見えてこない人たちが増えて行くのは当然なのです。。。
経験を積む為に、人材派遣と言っても、そこで、労働条件が著しく異なれば
雇ってもらえるはずがありませ。。。
結局は本人がいかにモラルを持って賃金を守るか(それにふさわしい人材になることもだが)に尽きるのです。。。
組合のパイが減り続けているのに、危機感の無い組合が、楽して稼ぐ見たいな発想で、
人材派遣を受け入れている問題も無視出来ないのでは、無いでしょうか。。。
賃金にふさわしい仕事=グローバル化に生き残れる仕事であることも見逃せません。
住宅問題も同じような買う側のモラルの欠如が生んだ問題なのです。。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
自分の立ち位置を見直してみよう〜


c0177861_11522527.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-04 19:23 | blog | Trackback | Comments(0)

教育って。。。何?

(*'-')今、日本では、
教育と言えば、学校教育のことをさしますが、
学校教育の始まりは、高々、明治時代から。。。
元々の目的は、西洋の先進国に恥ずかしくないような、
国民教育であったのですが、
その目的は、明治時代に優秀な人材を輩出した、と言う辺りまでは
成功と言えるかもしれません。。。
しかし、当初から、追いつくだけの教育では、
充分では無いと、されており、
学校教育だけで、済ますべきか、議論があったのも事実で、
学校教育は、取りあえずの一時的な処置とされていたのですが。。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
というのは、既に、その頃、西洋では、
個別教育や、才能教育の重要性がすでに、認識されていて、
家庭教師や(事実上本当の教育制度として、認可されていました)、
少人数教育、徒弟制の実業教育が、認められていたのです。。。
もちろん日本の教育制度を始めるにあたり、知らなかったはずがありません。
そういう中で、国策として一時的に始めた学校制度が、
なぜ日本においては、見直されなかったのでしょう?
大学で、行われる、アカデミックな教育でさえ、
高校卒業から、素養を育成したり、才能を育てたりしていたら、
充分に脳の育成が出来ないことは、脳の科学的な分析でもわかっていることです。
結局、官僚養成学校でしかない大学。。。
しかし、コンピューターの普及したいま、
官吏は、今の1万分の1位の人数で充分で、
後は専門教育と、才能教育を受けた、実務者で充分になってしまい、
大学卒業後、自分で事業を始めない限り、
現在のオールマイティの人材は要らないのです。。。
もちろん自分たちで、事業を始める人たちにとっては、
経営の才能も要ることですし、これは子供の頃から、
お買い物に行ったり、自分で貯めたお金を運用したりとか、
していないと、才能どころか、勘さえ働かない。。。。
しかも実際の官は必要のない、3流以下の官吏でいっぱい
的確な情報を集めるどころか、鉛筆なめなめ(ワープロで書いているのも一緒です)
都合の悪いことは、小学生さながらに消しゴム(ワープロだともっと簡単に。。w)
で消している。。。
市民から集まった有益な情報さえ、生でコンピュータに入っていることはまれで、
3流官吏の理解出来る範囲だけ、しかも自分の都合の良いようにしか、
入力されていません。。。
もちろん、これは、官吏教育のミスでもあるわけですが。。。
それ以前に、これら必要のない人たちを、雇い続けなければ成らないのは、
教育の失敗を認めたくない、国策上の理由もあるのです。。
そして、その最大の失敗作が、今の教師であるわけです。。。
本来、教師になる資格は、その道の実務経験を積んだ者であって、
教員経験ではありません。。。
ビデオや、DVDが普及したいま、知識的なことを、
効率的に教えるなら、実務経験もない教師は要りません。。。
なぜなら、教科書に書いてあることしか教えられないなら、
DVD一枚で生涯教育分のデーターは充分入るからです。。。。
後は目に見えない、数値化出来ない事を教えられる教師こそが必要なのです。。。
実際、教育の現場では、既に、ビデオを流すだけというとんでもない、
教育をしているところも。。。
インターネット時代に。。学校にビデオ見る為だけに通学。。。
飛び級も認められているのに、実際の子供たちには、
上級の知識や、漢字を使うのを禁止しているとんでもない学校も。。。
荒廃は児童でなく、学校にあるという事実に親が気づいていない。。。
恐ろしい事です。。。
実際知能だけなら、小学生の方が、学校の教師より高いのです、
知らないだけで、頭が悪いわけではない。。。
覚えられないだけで、頭が悪いわけではない。。。
覚えられないのは、教師が悪いから。。。
知らないのは、子供だから。。。当然です。。
(´・ω・`)
子供のうちに、英才教育を受ければ、天才にも成れる子供が。。。
馬鹿な教師にいや官僚の意図的な才能潰しに。。潰されてゆく。。。
悲しいかな、これが現状なのです。。
あなたの子供が学校に行くのを嫌がるなら。。。
まだ、見込みはある。。。親が子供と一緒に勉強してみれば。。。
疑問はいっぱい出てくるはず。。。
少なくても、大学の落ちこぼれ、教育学部の人よりはまともな教育が出来ますよ。。
参考書でなく、原本を見れるも親の特権、子供に教えるなら、
猿まね参考書でなく、原本(こちらの方が分かりやすい)から教えてあげることです。。
名前も書いてない知識を子供に教えない。。。
名前が書いてない=猿まねでどこかから知識を盗んでいるだけそんな低能な人の知識で子供を猿まね馬鹿にする必要はありません。。。
どうしても、そういう本が手に入らないなら、
科学百科全集、文学全集の様なものからでもいいのです。。。
少なくともそこには、知識の源泉となった人の名前入りで、知識が書いてあるのです。。。
学習参考書も悪い本ばかりではありません。。
専門家が、ちゃんと書いた参考書には、出典や知識の名前がちゃんと書いてあります。。
テクニック本で覚えなければ出来ない、人は、理屈がわかっていないからです。。
例えば、
矢野健太郎の参考書には
解法の手引きと解法のテクニックという2つの参考書がありますが。。
解法のテクニックは悪本です。。。数学者こそテクニックが必要ですが。。
一般の知識としては、解法の手引きでちゃんと基礎を覚えていれば、
数学には、何種類も答えが合って、その内最短の物を。。回答すればいいのです。。。
これは重要で、物理関係の人が2時間で解く問題を、
イシバシは20分ぐらいで解く事が出来たりします。。。
テスト始まって。。20分ぐらいで回答提出。。。
イシバシさんあきらめたんですね〜
2時間かかっても解けなかったらしい。。。
優の成績を見せびらかせる。。イシバシ。。。大人げないヤツw
始めた時から、さっさと終わらす計算を始めているので。。
答えを解く事より、自分の理解度をチエックしつつ最短で解けるように
問題自身の解釈を変更し、解いている。。。
努力だけでは駄目です。。。
いかに、知識を素直に吸収し、展開して行くか。。。
公式を覚えたり、答えを丸覚えしなくとも、
公式を自分で再構成して作り直す。。。それぐらいの能力は
誰でも身に付けられるのですが、
ゾロ本(猿まね本)読んでいたら(3流官吏の報告書眺めているのと一緒)
何時までたっても3流以下にしかなれない。。。
現代の教育の目的は、グローバル化の時代に生き残れる、
その道で一流の人物を作り出すことであるべきです。。。
その道というのがみそです。。。その道はいくらでもあるのです。。。
少なくとも猿まね本には。。。その道はころがっていませんから。。。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ日本人。。
c0177861_1484970.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-03 14:08 | blog | Trackback | Comments(0)

エコロジイのエコはエコ爺(じじい)のエコ。。w

ヽ(;´д`)ノエコロジーをアルコール燃料と勘違い。。w
バイオ燃料作るのに、更に、エネルギーが要るので
バイオ燃料はエコではない。。。
結局、その為に、石油や、石炭その他の燃料を使っていたら、
エコではないのだ、
ブラジルがバイオ燃料を、推進しているのは、
石油以外のエネルギーで石油を補うことで、
石油輸入による国際収支の悪化を防いでいるだけで、
エコの為にやっているわけではない。。。
補助金がなければ成り立たないバイオ燃料が、
エコであるはずが無いだろう。。。
単なる国際収支さえ改善出来ない国の、エゴ
エゴロジーだ
さて、日本にもエゴロジーが存在する。。。
それは原子力発電。。。
ウランあまりの今、確かに、燃料は安く手に入ったのだろうが。。。
廃棄物の処理さえ、まともに進まず(と言うか、現代技術では無理)
結局、リサイクルとは名ばかりの、危険なプルトニウム(核兵器の材料テロのターゲット)抽出と更に、ゴミの量を増やすという、無限連鎖に。。。
最終コストは、いかばかりか。。。
コストがかかる=エコロジーではないのは
今の工業生産品が、マイレージと材料から加工までのエネルギーに、
多くのコストがかかっているのと同じなのだ。。。
同じことは、太陽電池にも言えて、
20年で元が取れると言うなら、今20年分のエネルギーを消費して作られているのだ

もちろん、太陽電池や原子力発電を否定しているわけでは無い、
電線を張るるのにコストのかかる所や、移動体にとって太陽電池は、
充分エコロジーだし、
地面に誘導起電を敷き詰めるよりコストが安い。。。
原子力も、長い間、燃料補給が出来ないところや、急激な電力需要には、
有効なのだろう、
特に夜間電力の様な、有効利用もされている(燃料補給作業を夜間に行わないで良いことは確かだ)事も事実だろう、
問題は、原子力をこれ以上増やすメリットが日本にあるだろうか。。。
夜間電力用には、既に、出力を落とさざるを得ないほど、充分電力は余っている。。。
それだけではない、原発に使うお金の1割でも、
代替えエネルギー(特に風力)に使っていれば、燃料調達のリスク分散が、
十分出来、克つ、
今ごろはエコ大国に成っていただろう。。。
実際は、安いウランで発電した電力を国際相場の3倍近い値段で売りつけ、
(実際この電力の高さが国際競争力を殺いでいる)
かき集めた金で、更に原発を作ろうとする、悪循環に陥っただけだ。。。
じゃあなぜこんなおかしなことになったのだろう。。。
値段の違いだ、
原子力発電所を造るコストは、発電力に比例して膨大な物になる。。
これほど美味しい物は無いのだ、
安全の管理問題や、部品の消耗を別にすれば、
原発は、ボイラーと蒸気タービンを作る技術があれば出来る。。。
実際、安全コストの安い国では原発は引っ張りだこだ。。。
しょっちゅう事故やトラブル起こしても平気と言う国は結構多い物だ
(アメリカでさえマンハッタン計画の時は素手でウランを掴んだりしていた
原爆実験で生身の兵士を実験体にしていたのはあまりにも有名)
スリーマイル島の原発事故以来、
民生用の原発を作らなくなった、アメリカでさえ、
軍用には、ガンガン原子力を作っている。。。
軍用だと、性能が安全に優先するのだ、
原子力潜水艦の事故は多い、それでも、1年間も潜ったまま活動する棺桶には、
原子力が必要なのだ。。
もちろん乗組員が、被爆したら、それは、事故ではなく、
名誉の負傷ってわけだ。。。(実際は本人に告げずうやむやのうちに死ボンヌ)
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
更に、官僚の甘い汁を吸う温床にも。。。
国策でやっていると言うことは、役人の天下り天国と同義語だ。。。
問題は、赤字国債で、じゃぶじゃぶ民間のお金を吸い上げた為に、
好景気にもかかわらず、ひも付き資本しか、まともな資本が無くなっていたことだ。。
その為、大手企業の中には、もうかって、膨大な投資の必要な
半導体産業を切り捨て、
天下りで、予算の貰える原発にシフトするところが出てしまったのだ。。。
もちろんその後のことは皆さんの、ご存知の通り、
官民一体で半導体事業(特に人材)を日本からかすめ取った、
韓国に半導体と言う、工業の米を取られてしまい、
疲弊した工業が、原発生産そのものも、充分に出来ない、
三流製造国に(数字上は原発が増えたが。。。欠陥率は下がるどころか増えた)
おまけに、国内では製造出来ない、アメリカ式の原発に手をだす。。。
殆ど韓国に作らせて、製品保証はどうするのか?
原発事故って、国が傾くほどの補償問題を起こすのだが。。。
沈み始めた船が、いきなり沈没。。。。
日本の沈没を見越してか、海外に隠し資産を持っている政治家にはどうでも良い話ではあるだろうが。。
日本に住むしか、無い人たちには、気の毒な話だ。。。
もともと日本を優秀な人材の供給元にしか思っていないヤンキー国には、
良い話だろうが。。。
国賊とか良く言うが、国を売るのは、日本の官僚の十八番だ。。。
政治家をいかに操って、いかに練金するかにエネルギーをもやし続けているのだから。。。
日本の政治家が相手にされないのは、この辺りの仕組みを熟知されているからだ。。
国を挙げてアヘン栽培してた連中を英雄扱いしようって連中だし
(アヘンの品種改良は日本、小麦もだが。。。w)
アヘン売って武器調達って。。。
合祀をこそこそやってた連中と、北キムチから薬入れてた連中が、
お仲間。。。。そのまんまヤン。。
もちろんアヘンで仕入れたお金がちゃんと武器になってたら、
ほんとの英雄なのだろうが。。。
火の玉にになって、竹槍でがんばれでは。。。ヽ(;´д`)ノ
負けるはずさ。。。
エコロ爺にとっては、
竹槍。。。エコでナイスだ。。。w(;´д⊂)
としか。。。
ちなみに、ベトナムでフランス軍相手にゲリラ戦の指導を
していたのが、日本人だった(インドネシアもだったが。。w)
のは、竹と無縁では無かったとは言え無い。。。
日本のエコは、竹から。。。
コンクリートより竹やぶで、土砂崩れを防いでいた日本、
武家屋敷の裏には必ず竹林が。。。
人が通れるように手入れし、季節にはタケノコを頂く
襲撃されれば、竹林から逃げる。。。
なんとエコで防衛意識の高いことよ
(農家でも裏が竹林の所は多かった。。確かに逃げるとき便利)
邪魔な竹林を伐採して造成した土地に立つ住宅。。。
土砂崩れで、サイコロのように。。コロコロと(実話です)
エコロジーは地球を救うじゃなくて、
わが家を救うなのだ、
サラリーマンの可処分所得は限られている。。。
どっかの役人みたいに、こそこそ自分だけ家を買おうとするから、
庭も無い、安全も無い家を買う羽目になるのだ。。。
(買う前に周辺の住民と話しもしないで買うなんて馬鹿としか。。w)
まあマンモス団地で、くじ引き感覚で勝った家だからしかたないか。。。
高くても錬金術で何とかする役人が、引き上げている所為もあるしね。。
(公務員の共働きに2人分の給料出すのは違憲だ。。あくまで生活補助。。
蓄財するなら返してもらうのが当然。。。ヽ(`д´)ノ)





c0177861_11424874.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-02 11:54 | Trackback | Comments(0)

混沌。。再生か破壊か。(*'-')

(´・ω・`)迷走したあげく。。。w
誰がやっても同じ見たいな乗りで、始めた総理大臣とはいえ、
夏休み終わったら辞任では。。。
特に、サミット合意の履行を次の総理大臣が約束するわけではなく、
日本政治も空白のみならず、アフリカ諸国の援助も空白となれば、
地球温暖化対策を待ったなしで進める、国際的な枠組みも、
出遅れると見て間違いあるまい、
ヽ(;´д`)ノ
アフリカ諸国が、時間のかかる農業支援よりも、
今日の食事をと、せっぱ詰まっていても、
今の日本にには、
国内の土砂降り不景気の中、民間の金を赤字国債で吸い上げて、
ひも付きにすること(所謂選挙対策。。w)しか考えていない。。
日本の企業が海外に生産拠点を移したのも、
このひも付き資金と無縁ではあるまい。。。
必要な時に、必要な資本が得られないことが、
製造業に如何にマイナスに働き、
いかに、国際競争力をそいできたことか。。
グローバル化の時代に致命的な、資金市場が、今の日本。。。w
ヽ(`д´)ノ
若手の投資家が現れたら、潰すことしか考えられないのは、
このひも付き資本で、
天下りや、人事独占で、自分の息の掛かった人間を養わせるのが目的みたいな、
本末転倒の経済潰しをやって、
経済も3流以下になってしまったことさえ、
認識していないからにほかならない。
(=゜ω゜)ノ
赤字国債が民間救済の為みたいな事を本気で考えている政治家もいるので、
始末に負えない。。。
仁徳天皇の時代、民間から借金出来るはずも無く、
民のかまどがにぎわうまで、無収入でやって来たと言うのに。。
借金のたらい回しを民間に押し付ける赤字国債とは。。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
海外が資金不足に陥った今こそ、
日本企業が日本の資本を生かす最大のチャンスなのに。。。
足引っ張ってどうする。。。w
政治家がいなくても、官僚が国を回しているみたいな発想が、
官の民業圧迫(嫌がらせそのもの)と、ひも付き資本による民業支配(実際は民業疲弊だが)を生み出してしまったのだろう。
(この件は原発の未来で続きを。。。w)
民意に問うと言う言葉で生まれた、小泉チルドレンも、
このままでは、民意を無視する勢力と見て、選挙では当選出来ないとみたのだろう。。
再編に向けた、民主党からの引き抜き作戦も失敗した今、
沈む船には乗らないと言うことなのだろう。。。
比例選挙区の名簿の上位に乗せてもらう為に、派閥に媚びる悲しい姿も。。。
国民から与えられたチャンスを、自ら棒に振った結果ではあるが。。。
次の総理大臣が、民意を問うと言えるような総理大臣であって欲しい。。
(;´д⊂)
官僚が、残念ながらこうするしかありませんと言ったり、
民意にそむいて、泣いて馬謖を斬るみたいな、事を言う時は、
都合の悪いことや、
本当の目的を隠ぺいしている時だということを、
いい加減認識する必要があるのだが。。。
こと、政治と経済に教科書通りはないのだ。。
ただ、長期的な展望こそ温故知新が、必要で、そういう政治を
教育で教えることさえ、(殆ど民間がやって来たことなので歴史から抹消したい事ばかりなのかも。。)充分にやっていないから、
実行にうつすことが出来ないのは当然だろうが。。。
c0177861_102294.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-02 10:02 | blog | Trackback | Comments(0)

不思議の国。。。日本(アリス物語続編?)

(´・ω・`)アリス物語って、
アニメにもなったけど(ある意味あっちの世界のやばいストリーだったが。。)
本気でやばいと思う、今日この頃。。。
大分の教育問題、今年度の不正合格分だけ解雇という、
訳のわからん、処分で幕引きか?
毎年、同じか、もしくは今以上の不正合格者を教育現場に送り込んできた事実は、
大量の、教師不適格者に、教育を委ねている、現状を全く無視。。
校長の息の掛かった人しか、教員に成れない実態も改善されていない。。。
校長が立派な人なら、それもいいが。。。
校長自ら、不正行為(デモシカ校長いこうこの傾向が強い)をし、
行政に対しては、都合の良い報告しか上げてこなかったのは事実だ。。
子供を前にどうしたら良いかもわかず。教科書を棒読みし、丸まま黒板に書く、
情けない教師が、神経すり減らして働いても、子供の為に成っていないのは事実だ。。
まして、昔のように親から、子供を守ってくれるはずの教師が、
親の言いなりで、子供の創造性を奪うような、マスプロ教育を、
高度成長期より、更にひどい、管理教育で行っているのは、
大問題だ。。。
加えて子供は、知識は少ないかもしれないが、知能は高いと言う事実を忘れて、
子供から馬鹿にされ(特に中学校は殆どこれ。。w)授業中も成績優秀者は、
先生無視して、自分の勉強をやっていたのは、昨日今日の話ではない。
問題は、そこに管理教育を持ち込んだことで、
子供は、言う通りにやっていれば、社会で通用する立派な大人に成れるかのような、
他力本願で、自分たちの選択肢を自ら、放棄してしまっている。
今の大人のままでは、将来に通用しないという危機感を、
ちゃんと子供に教えておくべきなのだ。。。
コンピューターを子供の頃から触っているのは、日本もさほど他国と変わらない。。
しかし、キーボードを使えるわけではなく、
ジョイパッドしか使えていないことに、大人の考えるゲームと、
これから必要とされる、能力についてのギャップもある。。
アメリカが準禁輸としている教育用(キーボード付き幼稚園児以下向け)パソコンは、
ペン入力と、キーボードの両方が付いた立派なパソコンで、
尚且つ、オブジェクト指向のはっきりした、再生産可能な機材だが。。。
日本では、馬鹿ちょんのワープロと、意味のないお絵描きソフト(大人になってからでも充分習得出来る)そして、なぜか、機能の時代遅れのワークシート。。。。。。
(マクロなんか今どき覚える必要があること事態が時代遅れ)
教育の現場から、なんの提言も無かったのが丸分かりだ。。。
オタク=パソコン見たいな発想しかいだかず、戦略性の無い教育をしてきた結果が、
知識ばかりで才能のない(まさに、オタクだ)連中の言いなりになって、
30年近い年月を、無駄なパソコン教育に費やし、
グローバル化の時代に、生き残れない、マニュアル人間を増産しただけではないか?
バブルがはじけて以降就職出来ず、いきなり派遣業に就職した人たちの、
ある意味ひがみともとれる、正社員に対するやっかみは、
本人の問題と言うより、役に立たない人間として社会に放り出した、
親や、学校、その他の養成機関の罪でもあるのだ。。。
ワーキングプアーの最大の問題は、社会人としての教養を身に付けられない、
大人たちの問題で、労働組合だって、利用次第では社会安定の礎になるのだと言う意識を。。。
教えてる学校の校長が目の敵にして社会の敵の様な、(自分の敵なだけだが)
扱いをしているところからも、改善されるはずが無いと言える
生産的な教育をやってないからこそ、目障りなのだろう。。。w
まあ、最後は政治家さんと同じ、病気入院で逮捕逃れ。。。。
なかなか潔いではないか。。。。w

c0177861_1326127.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-09-01 13:26 | blog | Trackback | Comments(0)

やっと雨止んだけど。。ヽ(;´д`)ノ

(´・ω・`)やっと雨止んだけど、
ゲリラ降雨すごすぎ、まだ台風も来ていないのに。。。w
ヽ(`д´)ノ何とかしろやー
c0177861_122314100.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-08-31 12:23 | Trackback | Comments(0)

長崎は〜今日も雨だった〜

(´・ω・`)雨が止みませんね〜
それどころか、昨日から今日の朝にかけて、
さらに、ゲリラ豪雨が。。。
解散見越したのだろうか。。。
国民無視の新党結成。。。
政治で何か出来る時代ではなくなった(というか政治で何とか出来た時代ってあったけ。。)ヽ(`д´)ノ。。
失政の揚げ句、外交を放棄して敵国を作って、国民の目をそらす。。。
いつか来た道。。。
居る場所が無いなら、国会議員辞めればいいのだが。。
サラリーマン並に、そういう発想は、沸かないらしい。。。
赤字国債だって、
誰が引き受けるか考えれば、市中のお金を吸い上げて、
景気をいっそう悪くするだけ。。。
単年度で返済するなら、起爆剤になることもあるが。。。
償還期を迎えた国債をいっぱい抱えて、やることじゃない。。。
民間で流通すべき、資本を、じゃぶじゃぶ汲み上げて、
結果的に、ひも付き資本しかない資本市場を強化しているだけやん。。
もともとの、大蔵省の総量規制からして、官による資本独占が目的だった。。
赤字国債も、国民のためと言いながら、
国民の資本を引き上げ、政府の予算に組み込むという、
政治の力を経済まで浸透させようと言う、
愚かな官僚の発想の産物に過ぎない、
経済まで3流(政治は3流以下だっか。。)になった今、
経済に政治の力を頼ると言うのは無意味どころか。。足の引っ張り合い。。w
実際外交関係で、援助外交そのものが、相手にされなくなってる実態をみればわかる。
揚げ句に武器外交まで始めたら、戦前に逆戻り。。。
他国の戦争で飯を食って何が平和国家。。。
アフガンで日本が信頼されていない部分があるとすれば、
紛争地域の援助は、武器に替るということを、心底認識していないことだ。。
国民の救援より、武器を買うの優先する。。。
でもって、国民は外国が救ってくれる。。。
こんな悪循環をいつまでやっているのか。。
経済、資源戦略でしか動かないと日本の政治家が見られているから、
金が出来たら、ロシアから相手にされなくなってしまう。。
ヽ(;´д`)ノ
土砂降りなのは、雨だけじゃなくて、日本の経済も同じ、
地域的だと手こまぬいていたら、日本経済は破綻してしまう。
出来ることを今やるのが政治で、結果が100年後になろうと、
やってくれる人がいたから、今の日本がある。。
自らの利益誘導のために、理屈をこねて、都合の良い事実だけで、
社会を運営出来ると思い込んでいる辺りが、傲慢無知。。。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
この国はどこに行くのか。。。
行方の見えない航海に、かじ取り無しで、やって行けるような
優秀な国民作りさえ、怠って。。。
教育が飯を食う手段にしかなっていない。。。
給料でローンを組むような教師は首にするべきだ、
何時辞めても言い覚悟無くて、教育が出来るはずも無い。。
ましてや、共働きで、ローンで一戸建て買う教師の為に
教師の給料を上げたわけではあるまい。。。
世襲で教師をやっているのは世襲の公務員や、国会議員を
見習っているのかも。。。
教師にふさわしいというのは、教師の主観で判断することではない。。
まして、美味しい職業と認識するほど手を抜いているとしたら、末恐ろしいことに。。。
コントロールの利かない、負の連鎖。。。
それを断ち切る為の、教育委員会が、世襲の溜まり場に。。。w
政治で、雇用をなんとかすると言う発想が、
公務員の直庸に結びついている今(もちろん共産党の方が先輩)
民間の吸い上げた資本で公務員を養えば、
ドブに捨てるより、始末の悪い、未来永劫の負債を雪だるま式に増やすだけ。。
クンフーが足りない(=゜ω゜)ノ

c0177861_17101493.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-08-29 16:26 | blog | Trackback | Comments(0)

雨の中で。。。

ヽ(`д´)ノ今日も雨、
お盆過ぎてから。。どうなっているのか。。。
相変わらず飛行機のトラブルは続いているようだが。。。
アフガニスタンでも邦人の死亡が確認されるなど、
お盆の前後は結構、なんやかやと、トラブルが多い、
それを知ってか知らずか、
お盆と言う日本独特の、
行事があるのでは、と思ってしまう。。。(´・ω・`)
正月は家で火をたかないというのは、
火消しに対する思いやりのような物もあって(昔は警察も正月は暇だった。。)
正月早々、火事や、事件が起きる国になってきた今、
お盆に遊び回る今の変な風習が、どのような、影響を起こしているのか考えてしまう。
(゜∀゜ )三 三( ゜∀゜)
国破れて、山河ありというが、あれ放題の山を見るにつけ、
本当に山河が残るのだろうか?
( ・ω・)?疑問。。。。w
一方で、エコとか言いながら、
実態は、山や川をさんざん、荒らし回って、
まともな手入れ一つ、しようとしない国にいつの間にかなってしまった。。。
お盆に帰ってくるご先祖様も、さぞかし住みづらかろう。。。
鉄骨キンクリートの箱に住んで帰るようでは、
日本を住みよい国にしてくれた、ご先祖様に申し訳ないのだが。。。
c0177861_143717.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-08-28 14:03 | blog | Trackback | Comments(0)

雨の日に。。。

(*'-')お盆を過ぎたあたりから、
天候不順。。。
ゲリラ豪雨とか言うらしいが、
なぜか、わが家の上を通過。。。
真っ黒になって今にも降るかと思えば。。。
全然降らない。。(´・ω・`)
冷たい風がさーっと吹いてきて気持ちは良いんだが。。。
その後は、熱気がむ〜んヽ(;´д`)ノ
湿度が40〜70まで一気に増加。。。。
思わずエアコンのスイッチに手が。。。ヽ(`д´)ノ
エコ爺への道は、遠いのう〜
c0177861_174955100.jpg
[PR]

# by Cisibasi | 2008-08-27 18:02 | blog | Trackback | Comments(0)