森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


東北大地震後100日。。まだ見えぬ復興と、展望。

<(_ _)>おはようございます。
イシバシでございます。ヽ(´―`)ノ
朝から、娘と、キンメの茶漬けをシャリシャリ、ズルズルと。。
産地は、言わずとしれた房総沖。。。
。。。デ。。デンジャラスw∑(゜△゜;)
残念な事に、キンメは干物。。。
昨日の夕ご飯の残り物です。。
関東が、停電騒ぎで、高級冷蔵品が大量に関西に流れ、
そのおかげで、関西では、干物に、冷凍、冷蔵品の安物が大廉売していた、
そして今、その高級冷蔵品が。。。市場に。。。安い。。。w
夏を迎えて、幾ら高級品と言えど、放出せざるを得ないが、
当然、関東の高級プライスでは売れません。。。買値はイワシのウルメ干以下。。
それでも高くて、売れていなかった。(というか、その値打ちが関西では。。w)
で、わが家の食卓をにぎわす事に。。。
先日から、高級品の冷蔵品が、わが家の冷凍庫にパンパン。
毎日が魚祭りです。。
でもって、今日は昨日仕入れてきたマグロ。。。
なんと、本マグロ、頭付き、
朝から、小出刃を振るった解体ショウ。。。
まな板と包丁だけは、立派なのでこういう時は困りません。
立派な目玉に、大量の赤身。。。トロはさすがに買えなかったがヽ(;´д`)ノ
赤身は、わが家の畑で大量にとれる大葉で、醤油で頂きました。
娘が凄い。。。大きな切り身をムシャムシャとw
本マグロも、実は、冷凍に回す小振り、(と言っても本マグロなので、メバチの5倍以上の大きさ。
かぶとは大きすぎて処理出来ないので、サービスでくれたw)
でもこういうご時世なので、冷凍には回されない。
流通の常識さえ、変えてしまった、震災。
マーケットプライスは、品薄で上がるより、処分で下がる方が早いのだ。
マグロに関しては、数年分のストックが冷凍庫に。。。
美味しいものを美味しい時にの、地産地消に反する経済が、
震災と言う試練の中で、揺らいでいる。
一方東北では、漁具や、漁船の被害が甚大で、
漁業の再開どころか、廃業を視野に入れた検討が始まっている。
ただ、今の日本は、地産地消の時代。
大量にとって稼ぐ、大型船の時代ではない。
余って、冷凍庫をにぎわすその冷凍庫が、この夏はフル回転出来ない。
復興策を見ても、そう言うピント外れなものが殆どだ。
住宅再建にしても、ゼネコン中心の、焼け太り大作戦のオンパレード。
宅地や工業団地を造成する事にばかり、主眼が行っている。
だが必要なのは、自律的な復興で、
その為に必要なのは、インフラの整備だ。
特に、鉄道のような、公共交通の普及で、
中古車の購入(ガソリンもw)にばかり個人のエネルギーが向かう現状を改善せねば。
東南アジア並に、(震災復興中限定で)2輪車で3人乗りが出来るようにするとか、
無駄なエネルギーをそぐべきだし、
行政サービスの低下を招いている、無料コミュニティバスの運行の大量運行とか、
山間部にモノレール(工事が容易だし、環境破壊を防げるw)を配備するとか、
早急にやるべき事は沢山ある。
クロネコヤマトのように、社会的要請にちゃんと民間の企業は応えて行けるのだ。
問題は、リスクと、インフラ整備を何処まで行政がかぶれるかの問題だけ。
神戸大震災の時のように、地元無視で(倒壊高速創った元凶のw)ゼネコンの大規模事業で、
焼け太りした揚げ句、孤独死を迎えるような失敗はもう沢山。
セレモニーだけでごまかさられる状況でない事は、
産業全体の停滞状況を見ても判る。
津波から逃げるのではなく、津波に戦える東北でなければ、
護るだけの公共事業が、歴史上最高の被害を及ぼした事を忘れては成らない。
リスクの存在を認め、リスクを最小限度にとどめる努力こそが、戦う東北の力だと思う。
今頑張らなければ、何時頑張るんだ?
逃げ回るだけの、福島原発の実情を見る限り、
リスクをちゃんと説明してこなかったツケが、今回ってきたのだと言う現実を直視すべきだろう。
わが家も、姉一家の新築マイホームが、停電&放射能被害地区にあり、
他人事ではない。
このまま、任せておいて良いのか、思案中だ。
近々、私が出動せざるを得ないのではないか?
そういう予感はする。
だが、こと仕事に関しては、私は冷徹で、かなり残酷な方法を取らざるを得ないであろう。
そういう日が来ない事を祈って居る。
絵に描いた餅のような、巨額を投入するだけの、復興事業では、
美味しい所はゼネコンや官僚が持って行く実態は変らない。
自律的復興に、必要なものを自分たちで要求出来る、
それこそが、ソサイアティの復活であり、
リタイア寸前でももう少し頑張ってもらわなければ、
地域の子供たちや、孫に、祖先から頂いたものを、承け継いで行けない。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸じょっぱれ東北
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸ガンガレ日本
[PR]

by Cisibasi | 2011-06-27 09:44 | blog | Trackback | Comments(0)