森の釣り人


3番目のisibasi、Bisibasiのおとんと。。。(*'-')
by Isibasi
カテゴリ
全体
blog
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
フランス落書き帳
[FF11/FF14]は...
みんみん@台北
まいにち酒飲み
北九州詩的写真集 花・空...
こんなもん食べた!あんな...
生きる詩
ぽっとの陽だまり研究室
小さな手紙
農家の嫁の事件簿
ラテンなおばさん
ちょこちょこ
とかのしゃしん
memories
本石町日記
日々是好日
ろんどんらいふ
foggyな読書
げーむとお絵描きの日記。...
我が家の花たち
黒部エリぞうのNY通信
*petit a pet...
写真でイスラーム  
今日は何しよう
パリでリラックス
◆Cinq*Etoiles◆
おいしい~Photo D...
ふうのなんでも帳 ~工房日記~
エンゾの写真館 with...
 フランス生活便り
[ラグ鯖]ネコの散歩道:...
うろうろ、ごそごそ。
LuvGuns
 アルビレオの 雑記帳
迷わず並べよ 食べればわ...
雨日和
boca@...
初心者コース脱出までの記録3
『鉄の仕事屋』 モノ創り日記
通訳Mのお仕事日記
ライフ IN ロンドン
**おやつのお花** ...
buonviaggi.e...
aiai @cafe
英国メディカルハーバリスト
 陶工房「上名窯」通信・...
書をつま弾く、そして歌う。
*ヨーコさん家の台所*
イギリスその日暮らし。
クロアチアの碧い海の夢
君のためにできること ~...
トルコ~スパイシーライフ♪
沢ぱん日記
すずちゃんのカメラ!かめ...
フィレンツェ田舎生活便り2
暮らしのエッセンス   ...
Blowin' in t...
酒とコーギーと男と女
イタリアを楽しもう!
田口ランディ Offic...
おいしい田舎から...d...
Kippis! from...
ほくと未来ネットワーク
そんな毎日、こんな毎日
イギリス ウェールズの自...
usa cafe
donchan's cafe
おうち時間
豆豆暮らし。。
こにくのプラハの街角から...
陶芸つれづれ 器と暮らし
伊勢志摩エバーグレイズブ...
きゅうママの絵手紙の小部屋
オルガニスト愛のイタリア...
ふくしま「I-e」ごはん。
On the road-...
sweet pepper...
ベルギー駐在員写真日記
Sippo☆のネイチャー...
片付けたくなる部屋づくり
ツジメシ。プロダクトデザ...
山の子
flower living
はるひごはん。
LaLaLa La Me...
来客手帖~ときどき薬膳
カザルパロッコのネコ(C...
KeiFerida
Quality of L...
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


国敗れて山河無し13。。。。in日本

国の借金が1000兆円にも到達し、
もはやボロボロの日本の国ヽ(;´д`)ノ。
それでも、山河があるさと、言いたいのだが。。。。
どうも、そうではないらしい。
一説によると、国の借金の殆どが、赤字国債で国民の預金を引き出す形で、
使われており、戦後、借金から、立ち直り、国民が積み立ててきた筈の、社会資本がほぼゼロw
民間が、出資しあって、将来の為に行ってきた事業が、
国の予算頼みで、赤字国債の悪循環に陥っている。
所謂、しがらみ社会である。
そして、今、日本は、未曾有の危機を迎えている。
ナラ枯れである。
全然関係ないような話しだが、
実は密接に、関係している。
民主党に代わって、初の、しがらみ撲滅効果が出てきた。
それは、緑のダム、保水力データーの改ざん。いや、作文と言った方が良い。
国交省が、ダムの必要性を訴える為に、
山の木による保水力のデーターを誤魔化してきた事が、判明した。
太平洋戦後、戦時中の伐採により、丸坊主になった、山。
保水力の低下で、各地で、洪水が頻発した。
その後殆どの山が植林され、保水力が復活したのだが、
その保水力が、全然変っていないと、戦後すぐのままに、据え置かれていたのである。
官僚の、不作為全開ヽ(`д´)ノ
それだけではない、保水力アップで、辻褄合わなくなった、
測定値を、計算を改ざんする事で、無理やり合わせてきた事も判明した。
所謂、不作為を装った、作為であり、露骨な、憲法違反w
じゃあ、なぜ、改ざんしてきたのかと言うと、
保水力アップに伴い、必要の無くなった、ダムの建設を続ける為。
しがらみ来た〜ヽ(;´д`)ノ
それだけではない、ダム建設により、消失する、森林の保水力を否定し、
ダム建設自身が、森林の、所謂、緑のダムを破壊している事を、否定しないと、
ダムの建設そのもが、認可されないのである。
そして、この森林復活による保水力の増加を否定した事から、
さらに、今日本は、未曾有の危機を迎えて居るのだ。
国民の貯金が、限りなくゼロになり、民間が運用出来る社会資本が枯渇する様に、
森林の、保水力が、低下し始めている。
増えた筈の無い物が、減るのだから、
行政が、なんの対策もしなくて、当然なのだが、
これすら、森林の保水力を落とし、意図的に、洪水を起こさせて、
ダムの必要性を訴える、不作為装った、作為に見える(というか、計算を改ざんする段階で判っていた筈)w。
諌早水害と、諌早干拓の関係の様な、意図的な、誘導は限りない。
行政の不作為がダムを生んでいるのだ。
そして、ナラ枯れである。
保水力の復活を、否定した為に、
保水力の維持の為の、行政の活動もマイナー化され、ほぼ否定されてしまった。
戦後、杉や、檜ばかりを植えまくった、農林水産省を批判するが、
ナラの木の、植林や、保全が、行われなかった、背景には、
本来、国土であるはずの、森林を真っ向から、否定した、国交省の裏の顔があるのだ。
ナラ枯れの最大の原因は温暖化である。
しかしそれは、昨日今日の話では無い。
ナラ枯れが始まったら、保水力に問題が出るのは、判っていた筈なのだ。
対策が遅れたのも、不作為で、
今後、保水力不足によって起る災害も、
又、不作為なのであろう。ヽ(;´д`)ノ
農林水産庁の不作為も問題である。
杉の木は、雨が降ると、風船のように膨らみ、水を吸う。
手入れされていれば、問題ないが、ツタ等の蔓植物が放置されていると、
太った親父のベルトよろしく、水で膨らんだ幹に食い込み、木の組織を破壊してしまう。
(実は、この樹皮の下こそ成長点を支える重要な部分)
そして、そうなった、杉は、枯れてしまうのだ。
鹿児島の水害は、数年前から、判っていたと言われている。
杉が枯れたあと、切り株が枯れた頃に、水害は起きる。
おなじく、土砂崩れも支える木が無くなり、追い討ちをかけるわけである。
公務員の不作為装った、作為がナラ枯れを防ぐ事を放置し、
更に、民間が、ナラ枯れ防ぐ運動しようにも、民間の資本が無い。
日本を、支えてきた、大規模事業の多くが、お上が、財政難中、
民間の提案で、民間の資本を集めて行われた。
それこそが、日本の山河を、ひいては、国土を支えてきた力なのだ。
振り返れば、バブルの頃、民間の資本は、民間のデベロッパーが利用出来るほど潤沢だった。
その時、官僚は何をしていたかと言うと。。
民間に相手にされない、公共事業を、どうしようも無い企業に振る為に、
検査の誤魔化しをやりながら、細々とピンハネをやっていたのである。
今は、大企業にきっちり、お国の予算を背景に食い込み、
国の荒廃を、横目に、せっせと、私腹を肥やしている。
彼らの目には、ナラ枯れなんか、自分達の所為ではない。
そして、何とかしたいと思っている、国民からも、日々消費税で、小金まで吸い上げるのである。
500円玉一枚で、救える物も或る。その、500円玉さえ、自由にならないw
情け無い国民になった物である。
消費税が、安定するとかいうが、資本を吸い上げれば、民間の事業はしぼむ。
景気が悪くなって税収は減るのである。
儲かった企業から、税金を取るだけなら、社会資本は減らないのだ。
儲からない企業や、個人から金取ったら、細って行くのが当然だw
国敗れて、山河無しは、森林だけではない。
自分達の力で、山河を残せる国にしよう。
ヾ(゜ー゜ゞ)( 尸ー゜)尸
ガンガレ日本
[PR]

by Cisibasi | 2010-10-24 08:06 | blog | Trackback | Comments(0)